NHKラジオ 実践ビジネス英語で英語をマスターしよう!
2003-12-29
 
NHK教育テレビ学校放送のスーパーえいごりあんの今日の再放送で、ロシア美人によるロシア料理の紹介がありボルシチなどを作りました。grateなどの料理英語も出たように思います。この番組もなかなかおもしろいですね。ところでロシアンティーとして紅茶にジャムをいれてましたが、これって本当はロシアではやらないテレビでやってましたがどうなんでしょう。
 
2003-12-26
 
「まだ刀を持った侍いる」 京観光通訳 増える無資格ガイド
日本観光通訳協会の中山幸男常務理事、登場。

--
経費削減を理由に添乗員がガイドを兼ねるケースが多く、中には「日本にはまだ刀を持った侍が暮らしている」と誤った紹介もあるという。
--

なあほな。
 
2003-12-25
 
NHK BS-1 Weekend Japanology の昨日の再放送は結婚式プロデューサーでした。あの人はなんで英語がしゃべるんですか? あのくらいにはなりたいですね。
 
2003-12-24
 
引越しのため不動産めぐりをしています。条件の筆頭は「NTT収容局に近いこと」です。今は3.8キロ離れていて、ADSLでもまったく速度が出ません。なんとか1キロ以内の物件が見つかりました。驚いたことに、「光100メガを無料で24時間使い放題」という新築物件がありました。こんな好条件の賃貸があるとは驚きです。残念ながら空きはありませんでしたが。
 
2003-12-23
 
NHK BS-1 Weekend Japanology の再放送(名物ガイドと行く東京探検(中山幸男/通訳ガイド))を見ました。この番組の存在は知っていましたが今日初めて見ました。すごく面白い良質な英語の番組だと思います。

ガイドの人がすごく流暢でしたが、有名な方みたいです。中山幸男のニッポン通訳案内
 
2003-12-22
 
先週よりスピーチ執筆を始めました。予想通り苦労してます。いま、3本目の「アジアにおける日本の役割」について書いてますが、英語の問題ではないですね。考えがない、ということです。

それと我が家でもBSが見れることが今日判明しまして、BSビデオにアンテナ線をつないだらあっさり見えました。引越し以来、二年間損した。。。
さっそく、BS1でグレースヒロコのニューヨク案内番組(ブロードウェイ案内)を見て、教育のディベート番組(小学校の自由選択制度が良いか悪いか)を見ました。その後、CNN Headline Newsを見て、今、週刊ブックレビューを見てます。
 
 
Guardian Unlimitedの英国ベストブログです。
 
2003-12-20
 
英語でしゃべらナイト 再放送の予定 12/22,23,25深夜
 
2003-12-18
 
NHKテレビ 英語ビジネスワールドのインタビューこーなーで桑原りさタンが八城社長に英語でインタビューしていました。りさタン本当に英語しゃべれるんだと感心。八城社長も英語うまいです。明石さんとどっこいどっこいくらい。

りさタンのプロフィールを左側に追加。
 
 
先週、英検サンプルテストに初めて行きました。

readingは単語問題が100問連続で70分位。きつかったです。
listeningはちょっと変わったリスニング問題と長いインタビューの問題で、そんなに難しくなかったです。
図書券1000円分をもらいましたが、拘束時間からすると割りに合わないかも。
 
2003-12-16
 
土曜日に見学した1級二次試験対策校スピーチクラスに通うことにしました。さっそくいろいろな対策を聞きましたが、あまりにも重要なのでここでは書けません。ただ1分間スモールトークがか・な・り重要なパートを占めることを再確認しました。

見学の間、生徒さんが make it a rule to (〜するようにしている)というフレーズを使ったんですが、 あ、これって先月のビジ英で智也が使ったな(11月号74ページ)と思いました。すると先生は、それは典型的日本人英語なのでusualyを使ったほうが良い、とのこと。 大丈夫かビジ英。
 
2003-12-14
 
ICCの「体験!英語トレーニング」無料セミナーに行きました。音読筆写のトレーニング方法が分かりました。今まで見様見まねでやっていたときは、英文を恐ろしいほどのスピードで読みながら、同時に書くということをしていました。つまり、一回書く間に何回も読むことになります。しかし、実際はそうではありませんでした。英文を書きながら音読しますが、音読のスピードは書いている文章に合わせます。音読自体はそれほどのスピードにはなりません。

目的は文章自体を覚えてしまうことにあるようです。TOEICの問題なども文法ではなく、英文で覚えてしまうという方式で対応します。「そういう言い方はしないんだ」ということです。
 
 
NHKラジオ ビジネス英会話 2004年1月のテキストの読者のお便りコーナーに異変が!!!
東京都のgreenmanさんのお便りより。。。

「16年間、杉田先生の「やさしいビジネス英語」「ビジネス英会話」を聞き続けたリスナーです。正直、前期は15分間やって今日はタメになったな、という感覚があまり得られませんでした。」

な、なに〜 大胆な告白だぁ。

「しかし、後期は、「うん、これなら!」と1週間テキストなしで聞いてから、テキストを購入する意義を感じて、番組を興味をもって聞き始めました。
 後期のよいところは、
(1)意図が明確な構成
(2)日常会話のレベルでは出てこない専門的な言い方がより学習しやすくなった」

まあ確かに前期よりはましになったけどねー。しかし前期は「意図が明確」でなかったっつーことだーね。特にチャンツね。
 
2003-12-10
 
先月書いた、赤坂見附にあるICCに英語トレーニングにいきました。内容は後で書くとして、マックの店員の制服が地元とは違っておしゃれだった。新メニュー、モツァレラチキンカツがおいしそうだった。
 
 
OKWEBの姉妹サイト ビギナーズQサイトというのができてる。
英語学習のカテゴリーもある。
でもOKWEBと何が違うのかなー
 
 
英語でしゃべらないと 12/8放送

ハーバード卒のぱっくんを感動させた現代のサムライ明石さんの英語をここに再現。

(ぱっくん)
確かに日本人とアメリカ人の触れ合いによって相手の文化も知るんですが自分の文化もそこで初めて気づくんですよね。すばらしい。その過程により新しい発見が山ほどある。

(明石)
そう それが異文化に接触するいいところなんです。日本の良さも往々にして外国人が発見してくれるのです。浮世絵についても日本人は包み紙として外国に送ったのだけどもフランスの印象派の人たちは本当に感動したわけです。棟方志功の絵もそうでしょうし、黒澤明や北野武の映画だって外国で評価されて初めて日本人が「俺たちはそんなすごいものを持っていたのか」と気づくのはちょっとうかつだし残念ですね。

我々は変革をしながらも伝統を大切にすべきだと思います
I think we should try to cherish what is good from our tradition while we have to keep changing.

時代に即さない不要なものは忘れられ消滅するかもしれません
And some of the unnecessary out of date things may have to be forgotten, may have to be eliminated.

でも古い物と新しい物のバランスこそが大切なのです
But to maintain the precious balance between what is good in the old and what is good in the new.

それは大変難しい仕事で多くの近代文明がその適切な融合を生み出せないでいるのです
It's a very difficult undertaking. And I think most civilizations fail to produce that important synthesis.

(ぱっくん)
世界の国々は異文化を学びながら自国の文化を守るという両立をめざしているんですね
So the countries around the world are in this process of taking the new things from other cultures as well as keeping what's the best in their culture.

大切なのはコミュニケーションですが相互理解のために何ができますか?
The important thing here is communication. How can we be better communicators across cultural boundaries?

(明石)
まず言葉の持つ重みと繊細さを尊重すべきです。
I think we have to respect the importance and delicacy of language.

つい流行語や省略語を使いがちですが言葉というのはもろいもので一歩間違えると相互理解などできません
And we tend to use all kinds of words, fashionable words, abbreviated words. But language is very fragile means for people to understand each other.

異なった文化 考え方 人生観があることを知るべきです
And so we should keep in mind that there are different cultures, different ways of thinking, different ways of understanding life.

我々はそれぞれ異なる存在でありながらお互い通じ合う何かがあるのです
And so we have to always keep in mind that we are different from each other and yet there may be something which also unites us.

コミュニケーションとは一人一人をつなぐと同時に互いの違いを認め合うことなのです。
So the communication is a delicate balance between what unites us and what makes us different from each other.


ディクテーション1時間半後にはけーん。番組のホームページにスクリプトが。。。 _| ̄|○

以下、コピペ。
I think we should try to cherish what is good from our tradition while we have to keep changing.
And some of the unnecessary, out of date things may have to be forgotten, have to be eliminated.
But to maintain that precious balance between what is good in the old and what is good in the new.
It's a very difficult undertaking, and I think most civilizations fail to produce that important synthesis.

Patrick:So countries around the world are in this process of taking the new things from other cultures as well as keeping what's the best in their culture. The important thing here is communication.
How can we be better communicators across cultural boundaries? Akashi:I think we have to respect the importance and delicacy of language.
And you know, we tend to use all kinds of words, fashionable words, abbreviated words, but language is a very fragile means for people to understand each other.
And so we should keep in mind that there are different cultures, different ways of thinking, different ways of understanding life.
And so we have to always keep in mind that we are different from each other, and yet there may be something which also unites us.
So the communication is a delicate balance between what unites us and what makes us different from each other.

 
2003-12-09
 
英語でしゃべらないと

コミュニケーションを語った明石さんの英語はパックンも脱帽ものだったもよう。
あとでディクテーションしたいと思います。
 
 
帰りの電車でJapan Timesの社説を読み(15分)、帰宅後単語をチェック(20分)しました。

A disquieting waste of money

dismal
disquieting
beset
irregularity
in arrears
lax
go unheeded
single-minded
devotion
squander
clean house
whistle-blower
reaffirm
win the hearts and minds of
a chunk of sth

日本語は省略
 
2003-12-08
 
All About Japan に通信教育で英語を学ぶ が開設されました。
 
2003-12-07
 
たまぞうさんによるお風呂で記事を読む方法

--
クリアケース(ハードタイプのやつ)に記事を1枚入れてお風呂場で読んだりしています。もちろんお湯に浸けるわけではないので、記事は濡れません。
--

すばらしい!! やってみたい〜
 
2003-12-06
 
今日土曜日に、英検1級二次試験用にテソーラスハウスCEL英語ソリューションズの無料体験レッスンをはしごしました。二次対策の勉強方法はかなり分かりました。やはりいろいろなトピックについて話すネタを集めておくということです。知らないことは話せないというわけです。

以下、知りえた情報を大公開します。

<テソーラスハウスより>
最初の一分間の自由会話が実は重要。職業は?と聞かれて会社員です、のみではだめ。もっといろいろと話を膨らませてコミュニケーションの意思があることを見せる事。この1分間で英語力は分かる。疲れた試験官はこの一分間の出来で合否を決めることも!?

スピーチには個人的な話題を入れることが大事。これがないとつまらないありきたりのスピーチになってしまう。

前回の試験(2003年度第2回)はトピックの傾向がこれまでとは変わり、大きな漠然とした内容のトピックになった。こういう場合は大きなトピックを小さな個人的な問題に持ってくる技術が必要。

あとは実際に話す機会が必要。

<CEL英語ソリューションズより>
最初の一分間はextra informationを追加し、full sentenceで話す。
トピックの両方の意見(pros and cons)を用意すること。cause, effect, solution to bad effectを準備しておく。

スピーチはネガティブではなくポジティブに話す。complainingではなくsolutionを話す。

Attitudeの3点は採点基準が不明のため無視すること。

<両スクールに共通していること>
スピーチの構成
Introduction
Body
(1)
(2)
Conclusion

<授業内容の比較>
テソーラスハウス
 あらかじめ毎回8個程度のテーマを渡され、考えてくる。
 毎回1つをスピーチする。
 最後の2回は2つスピーチする。
 全体で100個位のスピーチネタを用意すれば試験に対応できる。

CEL英語ソリューションズ
 60個のトピックをあらかじめ渡され、毎回その中から1,2個をスピーチする。
 
CEL方式では全体で準備するスピーチの数が少なくなりそうな気がしますね。
 
--
来週、別のスクールを見学します。
 
 
英検のリンクに追加しました。
皆でコツコツの会
STEP PARK RING これにはリンク切れなどもありますが。
英検一級対策用ツール・リンク集
英検1級スピーチ練習会(横浜英語会)
CEL英語ソリューションズ
テソーラスハウス
スピーチクラス
 
2003-12-02
 
さあママというすんごい人のサイト(資格取得の記録がすごい)には日参していましたが、このたびヒスママというこれまた1級ママがいることが判明しました。あなたは何ママ?
 
「あきらめない限り英語力は必ず伸びる」という信念の元、NHKラジオ「実践ビジネス英語」をベースに
あらゆる方法で英語学習を続ける日記です。
まずはメールマガジンに登録しましょう


本サイトについて
プロフィール
オススメサイト
キッズEnglish
メルマガ
著書


サイト内検索
Site Feed Atom / RSS


Ranking
?p?e?w?K ?????L???O ?Y?n?E?I?p?i?b?±???L

アーカイブ ファイル
2003/02 / 2003/03 / 2003/04 / 2003/05 / 2003/06 / 2003/07 / 2003/08 / 2003/09 / 2003/10 / 2003/11 / 2003/12 / 2004/01 / 2004/02 / 2004/11 / 2004/12 / 2005/01 / 2005/02 / 2005/03 / 2005/04 / 2005/05 / 2005/06 / 2005/07 / 2005/08 / 2005/09 / 2005/10 / 2005/11 / 2005/12 / 2006/01 / 2006/02 / 2006/03 / 2006/04 / 2006/05 / 2006/06 / 2006/07 / 2006/08 / 2006/09 / 2006/10 / 2006/11 / 2006/12 / 2007/01 / 2007/02 / 2007/03 / 2007/04 / 2007/05 / 2007/06 / 2007/07 / 2007/08 / 2007/09 / 2007/10 / 2007/11 / 2007/12 / 2008/01 / 2008/02 / 2008/03 / 2008/04 / 2008/05 / 2008/06 /
  • さらに過去ログ
  • 2001/01
  • 2001/07
  • 2001/09
  • 2001/11
  • 2002/01
  • 2002/05
  • 2003/01
  • 2004/02-05 北国
  • 2004/05
  • 2004/06
  • 2004/07
  • 2004/08
  • 2004/09
  • 2004/10
  • 2004/11


    Powered by Blogger

    登録
    投稿 [Atom]