NHKラジオ 実践ビジネス英語で英語をマスターしよう!
2005-02-01
  ビジ英 Workplace Generation Gap (1) 1/31-2/1, 2005
通し読み 5回
音読 5回
オーバーラッピング 5回
シャドウイング 5回


gala お祭り騒ぎの、愉快な
in celebration of …を祝って
doyen 大御所、古参者、長老、草分け
some なかなかの、ちょっとした、かなりの
founding father 草分け、創立者、創始者
thoughtful 思慮深い = considerate
from what I gather 私が知る(推察する)ところでは
at the opposite end of the spectrum まさに正反対の立場にある
middle ground 妥協点
spry 元気な、活発な = active
retiree 退職者
be in demand =popular 需要がある

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今通っている英語スクールでは、先生がネイティブなので
新しい単語を英語で言い換えさせられます。

そこで、英英辞典を使って同義語を調べるという予習をしています。

以前、別のスクールの先生は、英英より英和がわかりやすい
という教え方をされていました。

学習者のレベルにもよるとは思いますが、一般に中級以上
になると英英辞典の使用を薦められることも多いです。

という事で、今回は英英辞典で表現の説明を見ていきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

gala = special public celebration etc.

家庭内のお祝いには使いません(松下さんの解説)。

ガーラといったらガーラ湯沢スキー場ですね。
お祭りという意味だったんですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

85th birthdays と複数になっているのは、
3人の誕生日だからということですね、きっと。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

profession = advanced education or trainingを必要とするjob
つまり専門的職業、知的職業。

また、the … profession = all the people who have the same profession

例えば、the medical profession は、医者仲間。

ビニェットでは、the public relations profession で、PR業界

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

spry は特に高齢の人が元気な場合に使われるようです。
someone, especially an old person, who is spry is lively and active.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

witty = amusing in a clever way で、機知に富む

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

attitude to something
= the way that you think and feel about it

ビニェットの訳では「考え方」となっています。
attitude = 態度 と一対一で覚えていたので気になりました。
辞書には「態度」とともに、「考え方」と載っていました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

疑問点です。

there's the generation gap at the opposite end of the spectrum.

で、generation gap between A and B の形なら納得するのですが、
generation gap at A という形がしっくりきません。


編集後記:

ブッシュ妄言録を読みました。

ブッシュの言い間違いを集めたものです。二年前の本です。
実際の発言と和訳が載っていますが、最も印象に残っているのは、

I know what I believe. I will continue to articulate
what I believe and what I believe - I believe what I
believe is right.

というものです。
articulate が、Work Fatigue (2) Quite...Unquoteで出てきた、
「(思想を)表現する」という使われ方をしていることが
印象的でした。


ブッシュ妄言録


ラベル:

 
コメント:
ようやく昨日やりました。
もー、今週は仕事が忙しくて殆ど終電でしたよ。
質問のところは、
There's generation gap で一旦切れて、後ろにat the opposite end of がくっついただけって考えると理解し易いかも。
We live at opposite ends of the state.(Longmanより)
opposite end の場合は前置詞が "at" であってこっちのほうがgeneration gap の "between" に負けた(笑)。
ちなみにopposite sideは?
 …
"on" みたいですね。
I think our hotel is on the opposite side of the street.
ついでにopposite directionは?… "in"ですね!
Two suspects were seen running off in the opposite direction. 
自分も勉強になりました!
 
SASHさん

いやいや、gapがあるのは、the opposite end of the spectrumに、ではなくて、the opposite end of the spectrumと、その反対のendとの「間」である、と私は理解しています。

ある一点(この場合はatで表現できる)ではなくて、ある二点の間(between)にgapは存在できるのでは?と思うのです。
 
もし、二点の end だったら end(s) になるかなあと思うのですが…。
全国のMLにあった三木さんの説明(2/1)でも、
(こんなとこで引用しちゃっていいのかなぁ?すいません)

>これは、at the opposite end ですから、spectrumの60才以降の
>反対側の極、 つまり18歳側に(ジェネレーション・ギャップ)が
>あると言っているわけです。

と、おっしゃってたんで二点両方のgapでなくって、一点(18歳側)が ”かな?り遠くにありますよ”っていうような意味に私はとらえていたんですが。
 
SASHさん

コメントありがとうございます。

そういうこと(gapの反対側がat the opposite end of the spectrumにある)を言いたいセンテンスだとは思います。ただセンテンスからはそうは読み取れません。

このセンテンスが以下だったら、spectrumの中にgapがあるということを示しているように理解できます。(これらの文が正しいかはわかりません)

there's the generation gap in the spectrum.
there's the generation gap at the spectrum.

at the opposite end とされると、それは一点を差しているので、その一点にはgapは存在し得ないと思うのです。

また、下のようにbetweenを使ってgapの二点を示してもいいです。
there's the generation gap between two ends of the spectrum.

つまり、gapがあるのは、"具体的な二点"、あるいは、"範囲"を示すことが必要だと思うのです。


よくわからないので、この辺にしておきたいと思います。
 
了解です。なんだか私もわけがわからなくなってきました。
 
コメントを投稿



この投稿へのリンク:

リンクを作成



<< ホーム
http://mail.google.com/mail/?hl=ja
「あきらめない限り英語力は必ず伸びる」という信念の元、NHKラジオ「実践ビジネス英語」をベースに
あらゆる方法で英語学習を続ける日記です。
まずはメールマガジンに登録しましょう


本サイトについて
プロフィール
オススメサイト
キッズEnglish
メルマガ
著書


サイト内検索
Site Feed Atom / RSS


Ranking
?p?e?w?K ?????L???O ?Y?n?E?I?p?i?b?±???L

アーカイブ ファイル
2003/02 / 2003/03 / 2003/04 / 2003/05 / 2003/06 / 2003/07 / 2003/08 / 2003/09 / 2003/10 / 2003/11 / 2003/12 / 2004/01 / 2004/02 / 2004/11 / 2004/12 / 2005/01 / 2005/02 / 2005/03 / 2005/04 / 2005/05 / 2005/06 / 2005/07 / 2005/08 / 2005/09 / 2005/10 / 2005/11 / 2005/12 / 2006/01 / 2006/02 / 2006/03 / 2006/04 / 2006/05 / 2006/06 / 2006/07 / 2006/08 / 2006/09 / 2006/10 / 2006/11 / 2006/12 / 2007/01 / 2007/02 / 2007/03 / 2007/04 / 2007/05 / 2007/06 / 2007/07 / 2007/08 / 2007/09 / 2007/10 / 2007/11 / 2007/12 / 2008/01 / 2008/02 / 2008/03 / 2008/04 / 2008/05 / 2008/06 /
  • さらに過去ログ
  • 2001/01
  • 2001/07
  • 2001/09
  • 2001/11
  • 2002/01
  • 2002/05
  • 2003/01
  • 2004/02-05 北国
  • 2004/05
  • 2004/06
  • 2004/07
  • 2004/08
  • 2004/09
  • 2004/10
  • 2004/11


    Powered by Blogger

    登録
    投稿 [Atom]