NHKラジオ 実践ビジネス英語で英語をマスターしよう!
2005-06-11
  ビジ英 Boomerang Employee (5) 6/8-9, 2005
Word Watchingのコーナーで、使わないほうが良い表現として

To be honest with you
That's a good question
As I said before
As you know

が挙げられていました。英語も微妙なニャアンスがあるんですね。


can クビにする
rif (reduction in force) という言い方もある。


crown jewelsや、scorched-earth defense (焦土戦術)
は最近話題になったライブドアのニュースで出てきましたね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

音読 1回
オーバーラッピング 1回
シャドウイング 1回

Boomerang Employee の全体を音読しました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
練習問題

皆さんも自分で英作文をやってみましょう。
辞書は見てよいです。
ただしテキストは可とします。
あとスペルチェックも可としましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1)買収計画を完了した後、経営陣は非常に安泰な気持ち
でいるに違いない。(as snug as a bug in a rug)

        Let's try!

<本多試訳>
Now that completed the merger plan, the managements
must be as snug as a bug in a rug.

<言い訳>
最初のところを分詞構文?でまとめてみました。

<正解>
After completing the acquisition plan, the management
must feel as snug as a bug in a rug.

<考察>
After completing と結構普通でよかった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(2)喫煙者たちは、今までどおりデスクでプカプカやりたい
と懸命に頑張ったが、多勢に無勢でどうすることもできなかった。
(fight tooth and nail)

        Let's try!

<本多試訳>
The smokers fought tooth and nail for smoking freely
at their desk, but they couldn't do anything.

<言い訳>
「多勢に無勢で」は、outnumberを使うのかな。

<正解>
Smokers fought tooth and nail to keep puffing at their
desks, but nonsmokers outnumbered them.

<考察>
ここはいくつか注目したいです。

まず最初のSmokers。私はThe smokersとしましたが、
一般の喫煙者ではなく、職場の喫煙者ということで
特定されているから、という理由です。

次に、at their desks。私はdeskと単数にしました。
まあ複数なんでしょうね。

「多勢に無勢でどうすることもできなかった」は、
nonsmokers outnumbered them
「非喫煙者が数で勝った」という表現。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(3)筋金入りのブルースファンであるピーターは、過去
20年間に3000枚以上のアルバムを集めた。(die-hard)

        Let's try!

<本多試訳>
Peter, who is a die-hard fun of blues, has collected
more than 300 albums for the past 20 years.

<言い訳>
かなりいいんじゃないかな。

<正解>
Peter, a die-hard blues fan, has collected over 300
albums in the last 20 years.

<考察>
fun -> fan の誤りです。

正解の方が微妙にシンプルですね。
for the past 20 years / in the last 20 years
の違いはよく分からないですね。

ラベル:

 
コメント:
こんにちわ。
本多さんの解答が、自分が解いた答えとよく似ています。(2)ですが、Theは特定する場合いるのではないのでしょうかねぇ。まだ納得できていません。

つい最近、以前の記事を読み返していたのですが、英英辞典についてお聞きしたいことがあります。本多さんは コウビルド英英辞典を使っていらっしゃるのですか?私は今ex-wordシリーズを使っていて、LONGMAN英英を使用していますが、コウビルドの意味の記し方に惹かれていまして、電子辞書を買い換えようかと考えています。本多さんはコウビルドにしたのは何か理由があるのですか?よろしければお聞きしたいのですが・・・
 
学習者用の英々辞典には、コウビルド、ロングマン、ケンブリッジの3つがあると思うですが、私はその3つとも電子辞書で使った結果、コウビルドが最も分かりやすいと思ったので今のところこれを使っています。

標準的にはロングマンなんでしょう。
 
「使わないほうがよい表現」について
実は、この放送を聞いて、昔の失敗を思い出した私は、吹き出してしまいました。

7年来の友人のアメリカ人と話していたときのこと。(家族ぐるみの付き合いです。ちなみに、奥さんは日本人。)私としては、「私の本音としてはね、…」と言うつもりもあって、"To be honest with you,..."とはじめたら、"Hey, haven't you been honest with me?"と来た。

もちろん相手も半分冗談で言ったのですが、さすがに冷や汗をかきました。以後、"Frankly" は使っても、"Honestly" や "To be honest with you"は一切使わないことにしました。
(でも、"To be honest"は、独立不定詞の代表例として、高校レベルの文法書には必ず載ってますよね。)
杉田先生からもっと早く聞いていれば…。

私見ですが、日本語の「正直」と英語の"honest"のニュアンスの違いは、文化や宗教の違いの影響もあると思います。 気をつけましょう。
では、また。
 
kazさん

復活ありがとうございます。

日本語でも同じようなことがありますね。

「正直申しまして、」
「今まで正直じゃなかったのかよ!」

「ご承知の通り、」
「(心の中で)知らないっつーの」
 
honda 様

I absolutely agree with you on the above comment. でございまする。

言葉は怖い!
 
コメントを投稿



この投稿へのリンク:

リンクを作成



<< ホーム
http://mail.google.com/mail/?hl=ja
「あきらめない限り英語力は必ず伸びる」という信念の元、NHKラジオ「実践ビジネス英語」をベースに
あらゆる方法で英語学習を続ける日記です。
まずはメールマガジンに登録しましょう


本サイトについて
プロフィール
オススメサイト
キッズEnglish
メルマガ
著書


サイト内検索
Site Feed Atom / RSS


Ranking
?p?e?w?K ?????L???O ?Y?n?E?I?p?i?b?±???L

アーカイブ ファイル
2003/02 / 2003/03 / 2003/04 / 2003/05 / 2003/06 / 2003/07 / 2003/08 / 2003/09 / 2003/10 / 2003/11 / 2003/12 / 2004/01 / 2004/02 / 2004/11 / 2004/12 / 2005/01 / 2005/02 / 2005/03 / 2005/04 / 2005/05 / 2005/06 / 2005/07 / 2005/08 / 2005/09 / 2005/10 / 2005/11 / 2005/12 / 2006/01 / 2006/02 / 2006/03 / 2006/04 / 2006/05 / 2006/06 / 2006/07 / 2006/08 / 2006/09 / 2006/10 / 2006/11 / 2006/12 / 2007/01 / 2007/02 / 2007/03 / 2007/04 / 2007/05 / 2007/06 / 2007/07 / 2007/08 / 2007/09 / 2007/10 / 2007/11 / 2007/12 / 2008/01 / 2008/02 / 2008/03 / 2008/04 / 2008/05 / 2008/06 /
  • さらに過去ログ
  • 2001/01
  • 2001/07
  • 2001/09
  • 2001/11
  • 2002/01
  • 2002/05
  • 2003/01
  • 2004/02-05 北国
  • 2004/05
  • 2004/06
  • 2004/07
  • 2004/08
  • 2004/09
  • 2004/10
  • 2004/11


    Powered by Blogger

    登録
    投稿 [Atom]