NHKラジオ 実践ビジネス英語で英語をマスターしよう!
2005-08-13
  ビジ英 Hispanic Market (6) 8/12-13, 2005
音読 1回
レッスン全体を音読しました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

112ページ   Business Word Power

Part 1 8問正解
Part 2 7問正解

注目したい表現

これらの表現を覚えることができました。
わからなかったら問題にチャレンジ!

●I sign for you.
●overlook
●thermos 
●memorabilia
●backlog
●freight
●educated guess
●touch base with
●call it even
●marital status
●irrespective of
●seed money
●frequent (動詞)
●dibs on
●arcane
●grievance
●retainer
●overdue
●expenditure




























E-DIC 英和|和英 (イーディック) CD-ROM版電子辞書E-DICから例文を拾ってみます。E-DICとは例文が豊富な英和、和英CD-ROM辞典です。


NHKやさしいビジネス英語実用フレーズ辞典?CD-ROM付■印は、「やさしいビジネス英語実用フレーズ辞典」からの例文です。


──────────────────────────────
●I sign for you. 「代わりにサインしておきました」
──────────────────────────────

──────────────────────────────
●overlook 「見落とす」
──────────────────────────────
I overlooked that small article.
その小さな記事は見逃していた。

──────────────────────────────
●thermos 「魔法瓶」
──────────────────────────────
a thermos bottle
魔法瓶
もともと商品名なので、Thermosと大文字のTで書くこともある。正式
にいえば、a vacuum bottle(真空瓶)だが、会話ではほとんど使わ
ない。

Joanne said she'd bring a thermos bottle of coffee.
(ジョアンがコーヒーを魔法瓶に入れて持って来るって言ってたよ)。

また、I forgot and left my thermos at school.(魔法瓶を学校に
忘れてきた)のように、bottleを省略してただa thermosということも
ある。[言い換え]a vacuum bottle

thermosphere《名詞》【気象】熱圏,温度圏
thermostat《名詞》サーモスタット,温度自動調節器

──────────────────────────────
●memorabilia 「記念品」
──────────────────────────────

──────────────────────────────
●backlog 「(受注製品の)残り」
──────────────────────────────

──────────────────────────────
●freight 「貨物,積荷」
──────────────────────────────
The truck was loaded up completely with freight.
トラックは荷物をいっぱいに積んでいた。

──────────────────────────────
●educated guess 「経験に基づいた推測」
──────────────────────────────
make an educated guess
めぼしをつける[目星をつける]
この場合educatedの意味は「教育を受けた」とか「教養のある」では
ない。この単語にはそのほか「知識[経験]に基づいた」という意味
がある。つまりmake an educated guessとは「知識や経験などに基づ
いておよその見当をつける」ということになるから「目星をつける」
の持つニュアンスに近いと言えよう。have a hunchをあてる例もあるが、
これはむしろ「勘を働かせる」という感じ。

"How did you know I was bluffing?" "I had a hunch you didn't
have the other ace."
(「どうして俺がはったりをかけているのがわかった?」「お前が残り
のエースを持っていないのが勘でわかったのさ」)。

和英辞書によってはhave an eye on someone [something]を採用して
いるが、この正しい意味は「?に目をつけ(てい)る」である。

I have my eye on her. I think she'll make a good wife for my son.
(彼女なら息子のいい嫁になるだろうと目をつけているんだ)。

○誰が殺ったのかは知らないが、目星はつくよ。
I don't know who the murderer is, but I can make an educated guess.

──────────────────────────────
●touch base with 「…と連絡をとっておく、…と話しておく」
──────────────────────────────
touch base with
(人と)連絡をとる、(差し迫った問題に関して)相談する、連絡する。

○Before closing a deal, I need to touch base with my boss to
get his OK.
(契約を決める前に上司と連絡を取って、許可を得なければならないんだ)

──────────────────────────────
●call it even 「貸し借りなしにする」
──────────────────────────────
call it square
貸し借りなしとする
このsquareは「(貸借関係において)五分五分の」「貸し借りがな
い」の意で、evenとほぼ同じである。

Here's the ten dollars I owe you. Now we're square.
(きみに借りてた10ドルを返すよ。これで貸し借りなしだ)。

このようにbe squareであれば、事実からいっても「貸し借りがない」
ということになるが、そうではなくて、実際は一方が多少得をしてい
る場合、あるいはどちらが得をしているかよく分からない場合でも、
あまり細かい損得[計算]にはこだわらないで「貸し借りなしと(いう
ことに)する」「おあいこ(ということ)にする」というのがcall it
squareである。

If you don't have the ten dollars you owe me, give me eight-fifty
and we'll call it square.
(もし10ドル持ってなければ、8ドル50セント返してくれればいいよ。
それで貸し借りなしとしよう)

のように、金銭の貸借関係について使うほか、以下のように比喩的に
も使われる。

You saved my life once and now I've saved your son's. Now we can
call it square. The next time I see you I'm going to kill you.
(おまえは一度おれの命を助けてくれたし、今度はおれがおまえの息子の
命を救ってやった。これで貸し借りなしとしよう。今度おまえを見かけた
ら、殺すぞ)。

Let's not go through life hurting each other like this. Why don't
we call it square and be friends?
(こうして一生お互いを傷つけ合っていくのはよそうよ。もう貸し借り
はなしということにして、仲直りしないか)。

なお、I bought the tickets and she paid for the dinner, so we
decided to call it even.
(私は入場料を払ったし、彼女は食事代を出したので、貸し借りなし
ということにした)

のようにsquareの代わりにevenを使ってcall it evenともいう。
squareのほうが多少くだけた感じはするが、上記の用例もすべて
squareとevenを入れ換えることができる。[言い換え]consider
someone's [our] debts cleared

──────────────────────────────
●marital status 「結婚暦」
──────────────────────────────
marital status
(履歴書などに記入する)結婚状況

──────────────────────────────
●irrespective of 「…に関係なく」
──────────────────────────────
Anyone, irrespective of age or sex, can join this club.
老若男女の区別なくだれでもこの会に入会できる。

どんなに
○どんなにグローバル化した規模に会社がなっても、ビジネスの基本は、
人と人との連携である。
Irrespectively of how global in scale a company becomes,
the basis of business lies in person-to-person linkages.

──────────────────────────────
●seed money 「元手、着手金」
──────────────────────────────

──────────────────────────────
●frequent (動詞) 「よく馴染む、よく行く」
──────────────────────────────
He frequents that bar.
彼はあのバーの常連だ。

──────────────────────────────
●dibs on 「…の使用権」
──────────────────────────────
have dibs on something [someone]
(?に)つばをつけている
語源には二つの説がある。一つは、羊の骨とボールを使って遊ぶイギ
リスの子どものゲームdibstones(略して dibsともいう)からきたと
いうもの。もう一つは、このdibsはdivvy(分ける)の名詞の複数形
divviesの音便であるという説。divvy up somethingは「分ける」、
have first divvies on ?は「?に対して優先権を持っている」とい
うこと。このdivviesがdibsに変化した言い方が、have first dibs on ?
で、I have first dibs on using the skateboard.は、「このスケート
ボードを先に使う権利はぼくにある」の意。この説だと見出しは、
この言い方からfirstが落ちたものとなるわけである。firstを省いて
いえば、「このスケートボードはぼくがつばをつけたんだ」の意になり、
相手に貸す意思はないということになる。この表現は、「?に対する
優先権を持っている」の意で、おとなも使うことがあるが、とくに子ども
がよく口にする言い方である。

I have dibs on that piece of cake.
(このケーキはぼくがつばをつけたんだぞ)。

I've got dibs on Sally Ann for the next dance.
(次のダンスにはぼくはサリー・アンにつばをつけてある)。

None of us will get to go to that convention in New York.
The section chief has dibs on that trip.
(ニューヨークの代表者大会にはぼくらはだれも行けないよ。
優先権は課長にあるんだ)。

──────────────────────────────
●arcane 「理解しがたい、不可解な」
──────────────────────────────

──────────────────────────────
●grievance 「苦情」
──────────────────────────────
nurse [harbor/hold/have/bear] a grievance (against someone)
「(?に対して)恨みを抱く,不平不満を抱く,嘆き悲しむ」

¶Doris is nursing a grievance against you for insulting her.
(ドリスは,侮辱されたと言ってきみを恨んでいるよ)

grievance committee 苦情処理委員会

──────────────────────────────
●retainer 「弁護士顧問料」
──────────────────────────────

──────────────────────────────
●overdue 「期限を過ぎた」
──────────────────────────────
This book is overdue.
この本は返却期限を過ぎている。

──────────────────────────────
●expenditure 「費用、経費」
──────────────────────────────
This month's income and expenditures pretty much balanced out.
今月は収支が大体釣り合っている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


編集後記

前回の編集後記(NHKラジオ講座をやっていることを
大きな声で公表できない私)に対して読者の方より頂いた
メールをご紹介します。

──────────────────────────────
●「NHKラジオ英会話300%フル活用術」とくパパさん
http://www.mag2.com/m/0000139807.html
──────────────────────────────

本多さん、こんにちわ。

今日のメルマガ、
本当にその通りと思いました。

なぜ大きな声で、私はNHKラジオで英語勉強してます
といえないのでしょう。
もしくは、そういったとたんに、
薄笑いを浮かべられるのでしょう。

なんだかネクラで、コツコツ続けるヘンな奴という印象が出るからでしょうか。
続けることが出来ない人が多すぎるから、
それを続ける人は、まるで変人のように思われるのでしょうか。

だったら、その変人を飛び越えて、すごいと言われるレベルに行くまで
がんばって続けましょうよ!

イチローだって、きっと小学生のころから毎日バッティングセンターに通って
ヘンな親子だと思われていたはずですよ。

って、少し腹立ってきたー!

──────────────────────────────
● SKさん
──────────────────────────────

本多様

いつもメルマガ読んでます(編集後記だけですが・・)。
今日の編集後記には、このメルマガの読者は皆、同感ではないでしょうか。

NHKテキストは売れているはずなのに、
なぜ、電車の中で読んでる人がいないのだろう?
というのが私の長年の疑問でした。

通勤電車の中で、私のほかにNHKテキストを読んでいる人を
見たことがありません。
なぜ?
NHKテキストは大きさも手ごろで、バッグの中に入れて
電車の中で読むのには最適なのに・・。
なぜ?

確かに、私も心の中で
「私の他にも読んでいる人がいれば恥ずかしくなのに・・」
なんて、なんとなく思っていました。
そうなんですね、自分も含めて
なんとなく恥ずかしい、と思っている人が多いんでしょうね。

いつか、堂々と、はやりのドラマのように、
「ねえ、昨日のレッツ・スピーク聴いた?」
「うん、うん、聴いたー。面白かったよねー。」
という会話が出来る日が来るといいですね。

これからもメルマガ(編集後記)楽しみにしています。



皆さんのご意見をお待ちしています。

ラベル:

 
コメント: コメントを投稿



この投稿へのリンク:

リンクを作成



<< ホーム
http://mail.google.com/mail/?hl=ja
「あきらめない限り英語力は必ず伸びる」という信念の元、NHKラジオ「実践ビジネス英語」をベースに
あらゆる方法で英語学習を続ける日記です。
まずはメールマガジンに登録しましょう


本サイトについて
プロフィール
オススメサイト
キッズEnglish
メルマガ
著書


サイト内検索
Site Feed Atom / RSS


Ranking
?p?e?w?K ?????L???O ?Y?n?E?I?p?i?b?±???L

アーカイブ ファイル
2003/02 / 2003/03 / 2003/04 / 2003/05 / 2003/06 / 2003/07 / 2003/08 / 2003/09 / 2003/10 / 2003/11 / 2003/12 / 2004/01 / 2004/02 / 2004/11 / 2004/12 / 2005/01 / 2005/02 / 2005/03 / 2005/04 / 2005/05 / 2005/06 / 2005/07 / 2005/08 / 2005/09 / 2005/10 / 2005/11 / 2005/12 / 2006/01 / 2006/02 / 2006/03 / 2006/04 / 2006/05 / 2006/06 / 2006/07 / 2006/08 / 2006/09 / 2006/10 / 2006/11 / 2006/12 / 2007/01 / 2007/02 / 2007/03 / 2007/04 / 2007/05 / 2007/06 / 2007/07 / 2007/08 / 2007/09 / 2007/10 / 2007/11 / 2007/12 / 2008/01 / 2008/02 / 2008/03 / 2008/04 / 2008/05 / 2008/06 /
  • さらに過去ログ
  • 2001/01
  • 2001/07
  • 2001/09
  • 2001/11
  • 2002/01
  • 2002/05
  • 2003/01
  • 2004/02-05 北国
  • 2004/05
  • 2004/06
  • 2004/07
  • 2004/08
  • 2004/09
  • 2004/10
  • 2004/11


    Powered by Blogger

    登録
    投稿 [Atom]