NHKラジオ 実践ビジネス英語で英語をマスターしよう!
2005-09-29
  chauffeured limousine
今、7時からのAFNニュースをぼおっと聞いていたら、chauffeured limousine と聞き取れました。ビジ英 Be Your Own Boss(4)で出てきましたね。ちょっと感動。カブリ。
 
  ビジ英 Be Your Own Boss (5) 9/28-29, 2005
先日、職場の人とドイツ人を寿司(久しぶり)で接待したのですが、
英字新聞の話になりました。誰かが持っていたJapan Timesを
とりあげ、「この見出しはひどい、ひどすぎる」とけなし
まくるのです。ネイティブならこうは書かないと、ヘラルド
朝日を手に言うわけです。

Japan Timesのどこが悪いかというと、どうやら見出しが本文
の要約になっているだけで、読者を引き付けるキャッチー
なものになっていない、ということらしいのです。

ドイツ人のいうことですから、聞き流しても良いのですが、
伊藤サムさんの立場がないですね。Japan Timesは日本人
の英語学習者の教材として有名でEditorialは出版もされている
などと私も擁護したのですが、あまり効果はなかったようです。


■------------------------------------■
発売直前企画「英語野郎 Vol.1」の御紹介 (その3)
■------------------------------------■

9/30(金)に技術評論社から新しく出版される英語学習雑誌
「英語野郎」のご紹介、最終回です。


出版社のサイトをご覧ください。目次なども見れます。

この雑誌の特徴の一つはインタビューです。
今号はBONNIE PINK(ボニピン)、
平田オリザ、三森ゆりかのお三方です。

今号の表紙がボニピンです。
いつか、英語でしゃべらナイトにもゲスト出演した歌手です。

三森ゆりかさんの本、「外国語を身につけるための日本語レッスン」
を読んだことがあります。三森さんは「言語技術」の専門家で、
日本語的発想で英語を話してもネイティブには通じない、という
趣旨のことを言っています。非常にいい本なので、この本も
ぜひ読んでいただきたいです。

外国語を身につけるための日本語レッスン
外国語を身につけるための日本語レッスン



私の本「伸ばしたい!英語力?あきらめない限り必ず伸びる」で、
イラストを描いてくださった、ひのみえさんが英語野郎でも
イラストやコラムを担当しています。先の本ではイラストが
非常に好評でしたので、今度も楽しみにしてくださいね。

伸ばしたい!英語力?あきらめない限り必ず伸びる
伸ばしたい!英語力?あきらめない限り必ず伸びる


ということで、明日30日に発売となる「英語野郎」、ぜひ
書店で手にとってお確かめください。


P.S.
AllAbout 英語の学び方・活かし方 でも紹介されてます。

英語野郎 Vol.1
英語野郎 Vol.1



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

P55 練習問題

皆さんも自分で英作文をやってみましょう。
辞書、テキストは見てよいです。
あとスペルチェックも可としましょう。



(1)よく考えさせてください。一週間くらいで返事を
しますので。(mull over)

        Let's try!


<本多試訳>
Let me mull over well. I'll answer in about one week.

in aboutとつなげていいものか?

<正解>
Let me mull things over and get back to you in a week or so.

<考察>
mull overだけで「よく考える=熟考する」という意味なので、
wellとかは不要でした。

返事をする → get back to you  ふーん
in a week or so →なかなかいえません。


(2)たとえばボブが社の機密を売ってはいないとしましょう。
それなら彼の奇妙な行動をどう説明するのですか。(let's say)

        Let's try!


<本多試訳>
Let's say Bob didn't sell company's confidential.
Then how do you explain his strange behavior?

strange behavior は英辞朗からです。

<正解>
Let's say that Bob isn't selling company secrets.
Then how do you explain his strange behavior?

<考察>
売ってはいないとしましょう →過去ではないですね。


(3)日本では、企業は接待や贈答の習慣にかなりの金額を費やす。
(lavish)

        Let's try!


<本多試訳>
In Japan, companies lavish money on customs like entertainment
and gift-giving.

lavishはここでは、「…を気前良く使う」という動詞です。

<正解>
In Japan companies are pretty lavish in their entertainment
and gift-giving habits.

<考察>
回答はlavishを形容詞のままで使っています。

E-DICにこんな例文がありました。

He was lavish in the use of expensive materials in building his house.
彼は高価な材料をふんだんに使って家を建てた。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

編集後記

木曜日から一泊二日で山中湖に行ってきます。
山中湖では会社のみんなで缶詰になっていろんな議論をします。
ふぁ? 寝ないようにしないと。

ラベル:

 
2005-09-27
  Be!Masterが投げ売り
ああああ Be!Masterが投げ売りされてるー
4980円ですか!

http://suntac.jp/voicelab/seisankanryou/seisan_top.php



トークマスターだけ持っている人は買ったほうが良いですよ。
トークマスターを録音専用にして、日中はビーマスターで聞けば完璧です。
 
  ビジ英 Be Your Own Boss (4) 9/26-27, 2005
今日、八重洲ブックセンターに行って6階(語学こーなー)
をチェックしていたら「英語野郎」が先行発売されてました!

また、1階でNHKビジネス英語がらみの本を2冊買って
しまいました。

一つは、「理系思考 エンジニアだからできること」大滝 令嗣(著)
です。大滝令嗣さんは杉田先生のご友人であり、やさビジの
主人公の名前でも有名です。SHOW&TELL大会で審査員を
されたことがあり、私も客席から大滝さんのすしネタジョークを
拝見したことがあります。

この本は元々理系のエンジニアだった大滝さんが現在の
エンジニアに贈る、がんばれよーという応援本です。

理系思考 エンジニアだからできること
理系思考 エンジニアだからできること




もう一冊は、「英語で仕事をする人の思考力と対人力」
船川 淳志 (著)です。船川先生はNHK教育テレビの
英語ビジネスワールドの講師をされてました。
オープニングの空手が印象的でした。

この本は英語で仕事をするためのマインドセットについて
書かれてあるんだと思います。

英語で仕事をする人の思考力と対人力
英語で仕事をする人の思考力と対人力



また、読んだら感想などを書きたいと思います。


■------------------------------------■
発売直前企画「英語野郎 Vol.1」の御紹介 (その2)
■------------------------------------■

さて、9/30(金)に技術評論社から新しく出版される英語学習雑誌
「英語野郎」のご紹介です。

出版社のサイトをご覧ください。目次なども見れます。

今号の特集は
「ペラペラ願望」を捨てよう
? 英語学習 惑わされてはいけない10の迷信
となっています。

ここでは「聴くだけでペラペラになる教材」をズバッと
メッタ切りしています。「講師が全員ネイティブな英会話学校」
や「TOEIC信仰」も切りまくりです。

じゃあ、どうすれば英語が上達するのー という声に対して
本書では解が示されているハズ、、

そして、[インターネット連動企画] Net de トレーニング
でリーディングとリスニングを鍛えましょう。

この他、連載もeBayで買い物をするものや、ネットの使える
サイトや、翻訳者、外資で働く人など色々なものがあり楽しめます。

全体的に非常に内容の濃い、そして読み応えのある雑誌
になっています。実際は雑誌ではなく書籍扱いみたいですが。

そして、月刊ではなく、季刊みたいです。
お値段はやや高めの1280円(税別)となっております。
毎月でないならこれでも買えるでしょう。

広告ページが一切ないので価格が高くなってるんでしょう。
また広告がないおかげで思う存分、辛口な記事が書けるんだと
も思います。


英語野郎 Vol.1
英語野郎 Vol.1



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[注目] 現在書店で発売中のAERA English 11月号 60ページの
杉田先生のビジネス英語クリニックに出てます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

音読 5回



<意味を考えてみよう。答えは以下で>

●trade on
●stone-broke
●rabid
●run for cover
●talk someone out of







──────────────────────────────
●trade on 「…を利用する、…につけこむ」
──────────────────────────────
しばしばアンフェアな方法で自らの利益のために利用すること

──────────────────────────────
●stone-broke 「一文無しの、破産した」
──────────────────────────────
stoneは強調の意味。
deadも強調の意味。よってdead-brokeでも同じ意味。

brokeは破産という意味。

──────────────────────────────
●rabid 「凶暴な」
──────────────────────────────
狂犬病にかかった、という意味もあるが、
人間を表す場合は、特に政治について理性的でない強い考えを持つこと。

──────────────────────────────
●run for cover 「逃げ場を求めて走る」
──────────────────────────────
run for itでも同じ意味らしい(コウビルド)

coverは、木、岩など悪天候や攻撃から逃れるため、あるいは
誰かから隠れるための場所。

──────────────────────────────
●talk someone out of 「(人を)説得して…をやめさせる」
──────────────────────────────
反対語はtalk someone into it


──────────────────────────────
●その他にも、次も押さえておきたい。[誌面の都合上省略]
──────────────────────────────
go it alone, resource, contact, lavish, loan collector,
petty cash, set aside, do the trick, authoritative, to the hilt

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

編集後記

さっき、ピンポーンとベルが鳴り、「夜分遅くすいません。
国税調査に来ました」ときたので、な、なんで国税調査が
個人宅に来るのー、裏収入が見つかったか? とビビリました。
よく聞くと「国勢調査」でした。ほっ。

ラベル:

 
2005-09-25
  ビジ英 Be Your Own Boss (3) 9/23-24, 2005
■------------------------------------■
発売直前企画「英語野郎 Vol.1」の御紹介
■------------------------------------■

9/30(金)に技術評論社から新しく出版される英語学習雑誌
「英語野郎」に私、連載記事を書いています。

英語野郎 Vol.1
英語野郎 Vol.1



この雑誌をいち早く入手しましたので内容を御紹介します。

まずは私の連載記事の紹介から。

「英語教材ホンネでCheck it!」のコーナーでは「英語学習者に
話題の教材やツールを、自他共に認める筋金入りの英語オタクが
その使用感をレポート」するものです。このオタクが私の事
なんですねー。

今回はTalkMaster2とE-DIC英和和英の2つをレポートします。

TalkMaster2はサン電子さんから機械を借りて試用しました。
E-DIC英和和英はこのメルマガ執筆でも毎回使ってます。

あと、別のページでミニエッセイも書いてます。
今回のテーマは、私もこのメルマガで音読していますが、
英語学習の王道、音読についてです。


次回からは「英語野郎」本体のご紹介をします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[注目] 現在書店で発売中のAERA English 11月号 60ページの
杉田先生のビジネス英語クリニックに出てます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

音読 5回

<意味を考えてみよう。答えは以下で>

●formidable
●keep someone in the loop
●walk something upstairs
●red tape 
●gatekeeper 







──────────────────────────────
●formidable 「恐るべき、手ごわい」
──────────────────────────────
=daunting
誰かまたは何かがformidableとは、それらに少し恐怖を覚えている
こと。なぜって、それらが非常に巨大または印象的だから。

──────────────────────────────
●keep someone in the loop 「(人に)常に情報を与えておく」
──────────────────────────────
そもそも、「誰かがin the loop」とは、重要なことを決定するグループ
の一員であるということ。またはその決定について知っていること。

放送ではin the knowでも同じといっていたような気もします。

「あなたがin the know about something」とは、特にそれが多くの人に
知られていない、理解されていないときに、あなたがその情報を
知っていること。

英辞朗では「内情に通じて」という訳。

ということでコウビルドでは両者はちょっと違う。

──────────────────────────────
●walk something upstairs 「何かを上層部の人たちのところに
持っていく」
──────────────────────────────
「walk someone to どこそこ」で「人をどこそこへ送る」
はありますが、

──────────────────────────────
●red tape 「煩雑な手続き、官僚的形式主義」
──────────────────────────────
不必要と思えたり、遅れを引き起こすと思われる公式な規則や
手続きのこと

──────────────────────────────
●gatekeeper 「ゲートキーパー(情報出入り管理者)」
──────────────────────────────
コウビルドには「門番」という意味しか載っていません。

■gatekeeper  〔名〕監視者, 守衛, ゲートキーパー (★情報出入り
 管理者,受付・秘書など途中で関所の役をする人)
 
■ As the gatekeeper, Marge controls everyone's access to the CEO.
マージはゲートキーパーとして各人のCEOへの面会を管理している.

■印は、「やさしいビジネス英語実用フレーズ辞典」からです


──────────────────────────────
●その他にも、次も押さえておきたい。[誌面の都合上省略]
──────────────────────────────
supersaturate, tip off, fateful, I haven't looked back since.
more of, get cracking, in the interim, in one's heyday,
interface with

ラベル:

 
2005-09-24
  ビジ英 Be Your Own Boss (2) 9/21-22, 2005
皆さん、もうご覧になりました?
現在書店で発売中のAERA English 11月号 60ページの
私の最高の笑顔を!!



何の話?という方はこちら

杉田先生のビジネス英語クリニックはAERA Englishの
中でも一番人気だそうですが、今月号で終了です。

うーむ、残念と思っていたら、来月からは別の連載を
杉田先生が始めるようです。楽しみ。


今日はもう一つうれしいお知らせが!
会社で受けたTOEICの結果が返ってきました。

Total 935 (Listening 455, Reading 480)

という夢のようなスコアが取れてしまいましたぁ。
前回(905(L450,R455))から30点upです。
まだまだ伸びる余地があったかという感じです。

何をやって伸ばしたんですか、という質問には
ビジ英ですと答えておきましょう。

これで満点へまた一歩近づいた。。

明日、TOEIC公開テストを受ける方も頑張ってください。 


実はもう一つお知らせが、、編集後記へ。。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



音読 5回



<意味を考えてみよう。答えは以下で>

●carry on 
●meticulous 
●pep 
●boss 
●keep one's eyes trained on the bull's eye 






──────────────────────────────
●carry on 「(仕事などを)進める、続行する」
──────────────────────────────
(1) = continue
何かを続けること

(2) = conduct
活動にcarry onするとは、一定期間参加すること

(3) = make a fuss
誰かが be carrying onとは、意味のないことをべらべらとうるさく
しゃべる人に対してあなたがいらだっていること。

(4) = have an affair
誰かが be carrying onとは、不倫していること。

──────────────────────────────
●meticulous 「細部まで行き届いた、きちょうめんな」
──────────────────────────────
誰かをmeticulousと描写するときは、非常に注意深く、細部にわたり
大いに注意を働かせて行動することを意味する。

ということで、meticulousは人間に対する形容詞のようです。

──────────────────────────────
●pep 「気力、活力」
──────────────────────────────
pepとは、livelinessとenergyである。

■full of pep  元気いっぱいの, 元気いっぱいで
■pep talk  〔口語〕激励演説, 檄
■pep up  元気づける

■印は、「やさしいビジネス英語実用フレーズ辞典」からです

──────────────────────────────
●boss 「(…を)牛耳る、支配する」
──────────────────────────────
= order around
誰かがあなたをbossするとは、やるべきことをいらいらする調子で
言うこと。

■boss around  偉そうにする, いばりちらす

──────────────────────────────
●keep one's eyes trained on the bull's eye 「的から目を離さ
ないようにする」
──────────────────────────────
train (銃、カメラ、光など) on (人、モノ)とは、狙いをつけること

bull's-eyeとは、ターゲットの中心の小さな丸い領域。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

編集後記

9/30(金)に新しい英語学習雑誌「英語野郎」が発売されます。
今までの英語雑誌とは一味違った仕上がりになっています。

技術評論社からの発売なので、どちらかというとインターネット
を使って英語学習をしている人向け、つまりこのブログを
読んでいる皆さん向けの雑誌なのです。

この新しい雑誌を一足早く入手しました。どーやってか?というと、

    私が記事を書いているからです。

次回から、発売直前企画としてこの雑誌の内容紹介をしていきたい
と思います。


英語野郎 Vol.1
英語野郎 Vol.1

ラベル:

 
2005-09-21
  ビジ英 Be Your Own Boss (1) 9/19-20, 2005
本メルマガ読者の方の中には技術者や研究者の方で国際講演
をなさる方もいらっしゃるかと思います。私も技術者の端くれ
として先週初めて国際講演で英語で発表しました。

先週の編集後記で、英語原稿を朗読した挙句、会場からの質問
もなく、あの時間をかけた準備はなんだったんだあと
肩透かしを食ったという話を書きました。

これに対してメルマガ読者の方からメールをいただきました。
自らのエピソードを織り交ぜながら「国際発表では朗読をしては
いけない」という趣旨のお話を伺うことができました。

大変ためになるお話で皆さんにも教えて差し上げたい位です。
英語というより今後の仕事上で非常に参考になるお話でした。

メルマガをやっていてよかったと思える瞬間ですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

音読 5回



<意味を考えてみよう。答えは以下で>

●mull over
●keep it on the QT
●figure in 
●long-cherished 
●be one's own boss 
●on the horizon 
●orchestrate 
●Color me ambivalent. 









──────────────────────────────
●mull over 「…を熟考する」
──────────────────────────────
=consider
発音はムルではなくてマル(山型の発音記号のア)

──────────────────────────────
●keep it on the QT 「ないしょ(内密)にしておく」
──────────────────────────────
QT=quiet 放送では最初のQと最後のTから来た言葉。

──────────────────────────────
●figure in 「…にかかわりがある」
──────────────────────────────
計算に加える、という意味でも辞書に載っています。
かかわりがある、という訳は英辞朗にかろうじてのってます。

英々ではそれぞれこんな感じ。

Dictionary.com
To include, as in making an account: figured in travel expenses.

Merriam-Webster's Online Dictionary
to include especially in a reckoning

Encarta World English Dictionary
include: to take something into account

最後のto take something into accountが、かかわりがある、
に近いかな。

──────────────────────────────
●long-cherished 「長年抱いてきた、念願の」
──────────────────────────────
権利(right)、特権(privilege)、原理、原則(principle)をcherish
するとは、それが重要だから守ろうと頑張ること

──────────────────────────────
●be one's own boss 「独立している、自分の好きなようにできる」
──────────────────────────────
自分自身で働く、または、自分で決定し、他の人にとやかく言われない。

──────────────────────────────
●on the horizon 「近い将来に、差し迫って」
──────────────────────────────
it is almost certainly going to happen
or be done quite soon

a [the] cloud on the horizon とも言うようです。(E-DICより)
「(問題の起こる)兆し,恐れ,これから起こる問題(の不安)」

──────────────────────────────
●orchestrate 「組織化する、統合する」
──────────────────────────────
= stage-manage
eventやsituationをorchestrateするとは、
望むような結果が得られるように注意深くorganizeすること

──────────────────────────────
●Color me ambivalent. 「優柔不断もいいところです。」
──────────────────────────────
これは難しいですね。辞書では見つかりません。そこでGoogleで
調べたところ、

Color me you. 君色に染めてくれ

が見つかりました。

しかし、Color me ambivalent.の意味はわかりません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

編集後記

明日位から、いよいよAERA English 11月号が発売されますね。
写真映りが楽しみ?

何の話?という方はこちらへ↓
http://blog.mag2.com/m/log/0000147095/106216647

書店へGO!

ラベル:

 
2005-09-20
  ビジ英 Early Bird (6) 9/16-17, 2005
ジュニアハイの話をしましょう。

知る人ぞ知る「ジュニアハイ勉強会」は、
「アメリカの中学教科書で英語を学ぶ?
 ジュニア・ハイのテキストから英語が見えてくる」
を使ったネット勉強会です。

1年半前から始めて、先月やっと終了しました。

この本は杉田先生が日経WOMANでお勧めしていたテキスト
の一つで、これをきっかけに有志で始めました。

この本は本当に良い本でした。レベル的にもビジ英と
同じくらいの難解さです。

私もいろんな英語教材を持っていますが、最後までやったのは
この本くらいです。
それほど英語学習とは一人では続けることが難しいのです。

勉強会が終ってしまって寂しい気もするのですが、
最近、小学生向けのテキストを使った教材が出版されたので
中学校の次は小学校でネット勉強会を始めました。
今回は9ヶ月で終了の予定です。

小学校といっても内容は侮れないですよ。
皆さんもぜひご参加ください。


ジュニアハイ勉強会


「アメリカの小学校教科書で英語を学ぶ」 ネット勉強会



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

88ページ   Business Word Power

Part 1 9問正解
Part 2 9問正解

注目したい表現

これらの表現を覚えることができました。
わからなかったら問題にチャレンジ!

●as is often the case with
●absent-minded
●lapel microphone
●lavaliere microphone
●be stranded
●lenient about
●wishy-washy
●big-headed
●Let me remind you...
●powerhouse
●faculty
●tenure
●point-and-shoot
●insatiable
●assume

──────────────────────────────
●as is often the case with 「…によく見られるように」
──────────────────────────────

──────────────────────────────
●absent-minded 「ぼんやりしている」
──────────────────────────────

──────────────────────────────
●lapel microphone 「ピンマイク、小型マイク」
──────────────────────────────
lapelは昨年でしたか、ビジ英の最終回で出てきましたね。

──────────────────────────────
●lavaliere microphone 「ピンマイク、小型マイク」
──────────────────────────────

──────────────────────────────
●be stranded 「立ち往生する」
──────────────────────────────
悪天候などのためにその場を離れることができないこと。

──────────────────────────────
●lenient about 「…に寛大である」
──────────────────────────────
権威のある人が期待したほどは厳しくこと。

ここで「厳しい」のところが、strict or severe とコウビルド
ではなっていて、二つの違いが何なのか。。。

──────────────────────────────
●wishy-washy 「はっきりしない、優柔不断な」
──────────────────────────────
誰かのアイデアがfirm or clearでないことに批判的である

──────────────────────────────
●big-headed 「うぬぼれている」
──────────────────────────────
誰かが自分は賢くて何でも知っていると思っていることに
批判的であること

──────────────────────────────
●Let me remind you... 「念のため申し上げますと」
──────────────────────────────

──────────────────────────────
●powerhouse 「最強の組織」
──────────────────────────────
多くの力または影響力を持つ国や組織

──────────────────────────────
●faculty 「教員」
──────────────────────────────
1 身体的または精神的能力
2 いくつかの大学の学部、またはそこで働く人々[英]
3 ある大学またはある学科の全ての教員[米]

──────────────────────────────
●tenure 「終身的地位」
──────────────────────────────

──────────────────────────────
●point-and-shoot 「押すだけの、全自動の」
──────────────────────────────

──────────────────────────────
●insatiable 「貪欲な」
──────────────────────────────
= voracious
得られるだけたくさん欲しいこと

──────────────────────────────
●assume 「遂行する」
──────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

編集後記

シンポジウムで発表してきました。直前のセッションで
発表者が会場からの質問(英語)が聞き取れずにパニくって
いらっしゃいました。それを見て背筋の凍る想いがしました。

自分の発表は安全策で原稿を読む形としました。
で、肝心の質問はなし。肩透かしな感じでした。

せっかく、

What exactly do you mean by 何々?

I'm afraid I don't have that information with me today.
Let me check and I'll get back to you.

Well, to be honest, I haven't considered that possibility.

I'm afraid it won't be possible to 何々; however,
it may be possible in the future.

という虎の巻を用意しておいたのですが、使うことは
ありませんでした。

ラベル:

 
2005-09-14
  ビジ英 Early Bird (5) 9/14-15, 2005
先週のメルマガで、毎日かかさず英語でブログ!
のご紹介をし、また、シドニィ
シェルドンを読み始めたというお話をしました。

実は、ペーパーバックを読み始めたのは、このメルマガの
次の回に衝撃を受けたからなのです。

【毎日かかさず英語でブログ!】第10号 趣味の英語を切る! 

この回では「英語を趣味にしていませんか?」という指摘と
英語を使おうよ(英語ブログを書こうよ)という提案を
なさっています。次の5つの質問でひとつでも当たっていたら
ヤバイそうです。(→は私の回答)

・自分の本棚に日本語で書かれた英語の学習本が10冊以上ある
→100冊はあるんじゃないかな。

・英語学習関係のメルマガを5本以上購読している
→何十本か購読中。自分でも出してる。

・年に2回以上TOEICやTOEFL等の試験を自腹で受けている
→YES。

・趣味は?と聞かれて語学ですと答えてしまう
→これは自信を持ってこう答えます。

私は全部当たってますね。皆さんはどうでしょうか。
この結果に愕然とした私は、英語ブログではなく、
ペーパーバックでもそろそろ読んでみようかと思った次第です。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
P29 練習問題

皆さんも自分で英作文をやってみましょう。
辞書、テキストは見てよいです。
あとスペルチェックも可としましょう。



(1)あれほどひどい交通渋滞に巻き込まれたのは初めてだった。
いつもは45分のところを5時間かかった。(traffic jam)

        Let's try!


<本多試訳>
It was the first time when I was caught in such a terrible
traffic jam. It took five hours though it took 45 minutes usually.

「いつもは45分のところ」が無理でした。

<正解>
I've never been caught in such a terrible traffic jam. It took
me five hours where it normally takes 45 minutes.

<考察>
現在完了を使うのはビミューですね。「当時としては初めてだった」
とも取れる日本語ですからね。
「いつもは45分のところ」はwhereを使うんですね。whereかな
とも思ったのですが、「場所」じゃないしと思いました。
また、it normally takes 45 minutesと現在形なのは、きっと
「習慣」だからなんでしょうね。


(2)この雑誌の創刊号にはもっと生き生きした表紙デザインが
必要だ。さもないとだれも注目しないだろう。(otherwise)

        Let's try!


<本多試訳>
We need more vivid cover design for the first issue of
this magazine, otherwise no one will pay attention to it.

<正解>
We need a livelier cover design for the first issue of
this magazine. Otherwise people won't give it a second glance.

<考察>
livelierはlively(生き生きとした)の比較級。


(3)中国は人口があまりにも多いので、政府は産児制限を
義務付けざるを得なかった。(populous)

        Let's try!


<本多試訳>
China is so populous country that the government had to
mandate birth control.

populous countryはpopulousだけでもいいのかな。

<正解>
China is so populous that the government had to mandate
birth control.

<考察>
ここでは、mandate birth control 産児制限を義務付ける
を覚えよう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

編集後記

シンポジウムの1日目を聴講してきました。なんと、
セッションの発表者が壇上に並んで座っていて、
各人10分ほどのスピーチの後、会場からの質問などに
答えるパネルディスカッション形式になってる!
やばい。明日の午後発表なんですけど。。
原稿を読んでいるのは日本人の中にちらほらいる程度でした。
こちらのほうは、危険を冒さずに原稿を読もうと思っています。

ラベル:

 
2005-09-13
  ビジ英 Early Bird (4) 9/12-13, 2005
NHKテレビ 「ハートで感じる英文法」 見てますかー

9/4に、なんと大西泰斗先生の英語セミナーに参加しましたよ。
「文法の絶対基礎」というタイトルで、内容は「英語は並べる
言葉である」というお話でした。

迫力ある講義で、内容もためになりました。
テレビ以上に快調に講義されていました。
指もパチパチと鳴らしまくり。

講演会を9/28にも東京で行うそうなので、興味のおありの方は
下のサイトで調べてみてください。

English@Heart (大西泰斗 C.McVAYオフィシャルサイト)



こんなのもありますよ。

「ハートで感じる英文法」専用掲示板





ところで、前回のメルマガで間違いがありましたので訂正します。

ビニェット最後の文、where mortgages on homes are more than affordableの、more than affordableの部分がしっくりきません。

affordable=「手ごろな」とすると、「手ごろ以上の住宅ローン」
となります。「手ごろ以上に(安い)住宅ローン」という意味でしょうね。


英和イディオム完全対訳辞典からですが、more thanは「非常に」
という意味でした。

more than は「非常に?で,?どころではなく,?して余りあるほど,?を通り越して,?以上の存在で,?というより」。通例,名詞・形容詞・
副詞・動詞が続く。¶Ask me anytime. I am more than happy to help you.(いつでも言ってくれ。そりゃもう喜んでお手伝いするよ)


教えてくださったIさん、ありがとうございました。


音読5回


<意味を考えてみよう。答えは以下で>

●chauffeur 
●comparative 
●stifle yawns 
●settle down 
●hit the books 






──────────────────────────────
●chauffeur 「車で(人を)運ぶ、(人の)運転手を務める、お抱え運転手」
──────────────────────────────
chauffeured limos お抱え運転手つきのリムジン

──────────────────────────────
●comparative 「かなりの」
──────────────────────────────
これは「比較的」という意味で辞書にのってますが、
なぜ「かなりの」というニュアンスになるのでしょうか。
かなり多いのか、かなり少ないのか不明だし、よくわかりません。

──────────────────────────────
●stifle yawns 「あくびをこらえる」
──────────────────────────────
あくびや笑いをこらえること
stifleは「窒息死させる」という意味
stiflingで「息詰るような、重苦しい」という形容詞

──────────────────────────────
●settle down 「…を落ち着かせる」
──────────────────────────────
settle down for the nightで、「寝る準備ができた」という意味
(コウビルド)

──────────────────────────────
●hit the books 「熱心に勉強する」
──────────────────────────────
hitプラス名詞で、「大いに何々する」という意味
hit the bottle 大酒を飲む

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

編集後記

明日から開かれる国際シンポジウム、今日はレセプションが開かれ
ました。場所は広尾の某国大使館公邸。ビールとウインナーの国
です。

シンポジウムは英語なのですが、その公邸での開会のあいさつは
日本人は日本語、あちらの国はあちらの言葉で話し、間に
通訳が入ります。安易に英語を使わないところが、プロトコール
(外交儀礼)なのだーと感心しました。

あちらの国のビールやら、バッフェスタイルの美味しい料理を
堪能しました。

後はあさっての発表の練習をしないと。。。
10分間の原稿は暗記できないです。

ラベル:

 
2005-09-11
  ビジ英 Early Bird (3) 9/9-10, 2005
今日は「英会話・ぜったい・音読・挑戦編」という音読本の
トレーニングを取り入れてみました。

次のようなものです。

1 CDを聞き内容を推測する 1回
2 CDを聞きながら音読する 1回
3 テキストを精読し、内容を理解する 1回
4 自力で音読する 3回
5 「音読筆写」する 3回
6 もう一度CDを聞き内容を推測する 1回

この本には高校一年の教科書からのテキストとCDがついていて、
上の要領で、本全体を何ヶ月か繰り返します。


今日は実際に上の要領でやってみました。

音読筆写はセンテンスごとに読んで書いてを3回繰り返し、
空で言えることを確認後、次の文に移るということをしました。

この音読筆写が結構時間がかかるので、このトレーニングを
ビジ英で毎日するのはきついでしょう。

ともあれ、最後の6では非常によく理解できた私がいました。
いつもの音読5回よりは明らかに効果があったように思います。


音読筆写の様子

CDブック 英会話・ぜったい・音読・挑戦編?英語の上級回路を作る本
CDブック 英会話・ぜったい・音読・挑戦編?英語の上級回路を作る本


現在は続編が出ています。

英会話・ぜったい・音読 【続・挑戦編】
英会話・ぜったい・音読 【続・挑戦編】




<意味を考えてみよう。答えは以下で>

●more farther away 
●cut a deal 
●affordable 
●scout 
●populous 






──────────────────────────────
●more farther away 「ますます遠ざかる」
──────────────────────────────

farの比較級であるfarther, furtherの違いについて、
番組での解説は以下の通りです。

farther: 時間、空間、程度に用いる
further: 具体的でなく抽象的なものに用いる

Nothing could be further from the truth.
抽象的だからuの方。


一方、Michael SwanのPractical English Usageによると、
距離についてはfarther, furtherともに使える。
furtherはadditional, extra, more advancedという意味がある。
 For further information, see page 6.
 College of Further Education


additional, extra, more advancedは抽象的と言えるでしょう。


──────────────────────────────
●cut a deal 「取り引きする、契約を結ぶ」
──────────────────────────────
cutの他にも、sign, ink, close, make, sealも使える。

──────────────────────────────
●affordable 「手ごろな、入手可能な」
──────────────────────────────
ビニェット最後の文、where mortgages on homes are more than affordable
の、more than affordableの部分がしっくりきません。

affordable=「手ごろな」とすると、「手ごろ以上の住宅ローン」
となります。「手ごろ以上に(安い)住宅ローン」という意味でしょうね。

<9/11 追記>
英和イディオム完全対訳辞典からですが、more thanは「非常に」
という意味でした。

more than は「非常に?で,?どころではなく,?して余りあるほど,?を通り越して,?以上の存在で,?というより」。通例,名詞・形容詞・副詞・動詞が続く。¶Ask me anytime. I am more than happy to help you.(いつでも言ってくれ。そりゃもう喜んでお手伝いするよ)


──────────────────────────────
●scout 「探し歩く、偵察する、スカウトする」
──────────────────────────────
= search

名詞では、軍隊用語で斥候、偵察兵。あるいはタレントスカウト。
動詞では探すという意味のみのようです(コウビルド)

──────────────────────────────
●populous 「人口の多い」
──────────────────────────────
populous country or areaと使われる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

編集後記

夏休みに部屋の整理をして以来、週末の掃除を欠かさずに
しています。フローリングはクイックルワイパーが便利ですねー

ラベル:

 
2005-09-10
  ビジ英 Early Bird (2) 9/7-8, 2005
土曜日のひと時、いかがお過ごしでしょうか。
やはり土曜日の午前中が一番落ち着きます。
あと二日間も休みがある♪ という感じ。


ところで、前回のメルマガで間違いがありました。

──────────────────────────────
●hassle 「面倒なこと、煩わしいこと」
──────────────────────────────
8月号72ページにhustle-bustle(活気にあふれた雑踏)と出ています。

hassleとhustle、関係ありません。
どちらも頭の中で「ハッスル」と発音しているので、
同じものと間違ってしまいました。

正しい発音は、
hassle はaとeの中間、
hustle 山形の記号で、

指摘してくださったIさん、ありがとうございました。



さて、今日は「勢い」について語ろうと思います。

このメルマガに書く小ネタがいくつかたまっています。
一つずつ小出しにしようかとも思っていましたが、
やはり、書けるうちに書いてしまおうと思います。

というのも、以前も後で書こうネタを暖めていたことがありましたが、
後になって書く気がなくなった、ということがありました。

このメルマガはその場の勢いで書いているので、
感情が高ぶっているときに一気に書いてしまおうかと。

ということで、今回は駄文が長くなっております。
決して読み飛ばすことなく、腰を落ち着けてゆったりとした
気持ちでお読みください。


先日本屋で、あなたの英語は間違っている、という類の本を
パラパラと立ち読みしていたら、日本人の良くある間違いに
「面積が広い」をwideとしてしまう、というものがありました。
ここはlargeが正しいと。

wideは幅が広いという意味なんですね。コウビルドでも、
Something that is wide measures a large distance from one side or edge to the other.
 とあります。

なるほどねー、と思っていたら、Writers' Workshop 9月号
の英作文で、私、見事に面積が広いの意味でwideを使っていました。
これはYMさんからメールで指摘していただいて判明しました。

YMさん、ありがとうございました。


前にも書きましたが英作文は書いただけでは勉強にはならず、
他の人(できればネイティブ)から添削を受けることが必須ですね。


実は来週仕事で日本で開かれる国際シンポジウムで発表します。
先月、事前提出する英語のサマリーを添削会社に添削してもらったら、
目一杯赤が入れられてきました。結構勉強になるんですね、これが。

先週は発表スライドと発表原稿も添削に出しちゃいました。
これが戻ってくるのが来週の月曜日で、来週はこれを暗記しなくちゃ
いけないんです。急遽、英語プレゼンの本を読んだりしてます。


それはともかく、Writingのお話です。

EnglishWeblogで知ったのですが、
毎日かかさず英語でブログ!というブログ
があります。これは英語でブログを書くことを薦めているブログです。

英語で日記を?の流れですが、やはり書きっぱなしではいけません。
このブログではネイティブによる添削サービスをやっています。
1回250ワード以内で今なら1回500円程度のようです。こういうサービスは
いいですね。激安ですねー。


また、以前ここでご紹介した英文添削サービスも始まったようです。

ビジネス・クエスト、英文添削サービス「英語de日記」開始

こちらは一ヶ月1500ワードで1万5千円です。ただし毎日50ワードで30日
連続という使い方もOKです。

思い返せば、英文添削ってあまりやってもらったことがないです。
こういうサービスは興味があります。


話は変わって、、
最近、シドニィシェルドンを読み始めました。ペーパーバック
は難しくて読めないと思っていました。実際、最初の数ページは
何が何やらでしたが、そのうちなんとなくあらすじがわかるような
気になってきました。これは読み通せるかも♪


一気に書くのも疲れますね。今日はココまで。


音読 5回


<意味を考えてみよう。答えは以下で>

●laid-back 
●take on 
●crush 
●standing-room-only 
●punch out 






──────────────────────────────
●laid-back 「ゆったりとした、くつろいだ」
──────────────────────────────
何も心配がないかのように落ち着いてリラックスしているように
振舞っているようす

= relaxed, at ease, casual, easy-going

──────────────────────────────
●take on 「(客)を入れる」
──────────────────────────────
(バス、船などの乗り物が)take on passengers, goods, or fuelで、
それらを載せるため、積むために止まること。

要は、「客を乗せる」「荷を積み込む」ということ。

──────────────────────────────
●crush 「押し込む」
──────────────────────────────
ここでは、crash と clash と crush の違いを押さえておきたいです。

clash:戦い、議論、意見の衝突
crash:車、飛行機など動いているものの衝突
crush:力を込めて押して形が壊れるかバラバラになること

こんなところでしょうか。

──────────────────────────────
●standing-room-only 「満員の、立見席限定の」
──────────────────────────────
略してSRO

──────────────────────────────
●punch out 「(タイムカードに打ち込んで)退社する」
──────────────────────────────
punch in は「出勤する」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

編集後記

日頃から眠りに興味のある私は、アイピローなるものを先日
買いました。中にジェル状のものがはいっていて、冷やしたり
暖めたりして使うものです。といってもまだ一回しか目に載せた
ことがありません。どうやって使うべきか。。。

ラベル:

 
2005-09-07
  ビジ英 Early Bird (1) 9/5-6, 2005
今週のテーマの早起き、できません。
やっぱ、無理なのかな、と思いつつあります。

最近も7時起床といたって普通な時間です。
それからメルマガ作成やら英語学習を一時間です。

7時間位は寝ないとダメな身体のようが気がします

音読 5回

<意味を考えてみよう。答えは以下で>

●have a sweet tooth 
●it pays to 
●crunch 
●roll in 
●hassle 
●uptight 








chocolate malt ってミロみたいなものって英辞朗にありました。
Googleイメージ検索 確かに。
maltは麦芽ですね。モルトウィスキー、モルトビールのモルトです。

──────────────────────────────
●have a sweet tooth 「甘党である」
──────────────────────────────
甘いものが大好き。

──────────────────────────────
●it pays to 「…することは有益である、…して損はない」
──────────────────────────────
いわゆる、「ペイする」。

──────────────────────────────
●crunch 「ポリポリ(パリパリ、バリバリ)食べる」
──────────────────────────────
8月号72ページにtime-crunched(時間に追われている)と出ています。

──────────────────────────────
●roll in 「やってくる、現れる」
──────────────────────────────
コウビルドでは、「しばしば遅れて到着すること」とあります。
ビニェットでは2時間早く出社するんですが。

──────────────────────────────
●hassle 「面倒なこと、煩わしいこと」
──────────────────────────────
8月号72ページにhustle-bustle(活気にあふれた雑踏)と出ています。

<9/9追記>
hassleとhustle、関係ありません。
どちらも頭の中で「ハッスル」と発音しているので、
同じものと間違ってしまいました。

正しい発音は、
hassle はaとeの中間、http://tinyurl.com/835nv
hustle 山形の記号で、http://tinyurl.com/bs5vr

──────────────────────────────
●uptight 「緊張した、いらだった」
──────────────────────────────
tense, nervous or annoyed about something

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

編集後記

サッカー ホンジュラス戦、なんとか勝った?

ラベル:

 
2005-09-04
  ビジ英 Fast Food Campaign (3) 9/2-3, 2005
金曜日に会社でTOEICを受けました。

ひと月前のメルマガで、
---
会社で9月にTOEICを受けることになりました。
この日のために買っておいたけど積読になっている
TOEIC Test「正解」が見える、でもやってみよう。
---
なんて書きましたが、結局1ページもやらずに本番を
迎えました。

リスニングでは頭の中でシャドウイングすることで
集中できました。これは皆さんにもオススメできるテクです。

手ごたえはあるような、ないような。

音読 5回



<意味を考えてみよう。答えは以下で>

●portend
●wee hours
●bustling
●skeleton crew
●health-minded fare
●time-crunched









──────────────────────────────
●portend 「(…の)前兆になる、(…を)予告する。(…の)警告を与える」
──────────────────────────────
something portends an event or occurrence の形。

例文:Black clouds portend a storm.

──────────────────────────────
●wee hours 「真夜中、早朝」
──────────────────────────────
weeは小さいこと。
したがってwee hoursとは深夜1?3時頃。

──────────────────────────────
●bustling 「ざわめいた、騒がしい」
──────────────────────────────
場所がbe bustling with people or activityとは
騒がしい人で一杯ということ。

──────────────────────────────
●skeleton crew 「最少人数の要員」
──────────────────────────────
a skeleton staffともいう。

──────────────────────────────
●health-minded fare 「健康志向の食べ物」
──────────────────────────────
何々(名詞)-mindedで、その人が特定のことを重要だ、大切だと思って
いることを示す形容詞となる。
-orientedと同じ。

fareは、レストランやカフェで出される食べ物。
例えばカレーフェアってこういうこと?
と思いましたが、ちょいと調べると、こちらのフェアはfairで、
特定の物を売るイベントでした。

──────────────────────────────
●time-crunched 「時間に追われている」
──────────────────────────────
時間につぶされる、という感じ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


編集後記

「NHKラジオ英会話300%フル活用術」
の、とくパパさんがメルマガで、毎日2リットルの水を飲むように
していると書かれていましたので、ここでお返事です。

私も健康のために最近水を飲むようにしてます。最初は
とくパパさんのように安売りペットボトルを買っていたのですが、
先日ポット型浄水器ブリタ『リクエリ』をイトーヨーカドーで
買ってきました。これを使うと1リットルで7円という安さ!!
ペットボトルのゴミも出ないしenvironmentally-friendly!

リクエリは冷蔵庫のポケットにちょうど入るサイズという
触れ込みですが、私の冷蔵庫はミニサイズなので入りませんでした(; ;)

ブリタ

ラベル:

 
2005-09-02
  Writers' Workshop 9月号, 2005
Writers' Workshop 9月号いってみましょう。

今回は4人の方からご投稿いただきました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(本多)

Japanese companies go to India

I landed an airport in Mumbai, the biggest city in
India, at the night of 2, June. The city's population
is now in the vicinity of 18 million. Even though it's
only 11 p.m., the airport was thronged with people. We
headed to our first destination, college town Bune,
by car which is 170 km southeast of Munbai.

There is no lane on the road. The visibility is very
poor because there were only fluorescent light coming
through stalls along the road. The drivers were reckless
enough to cut into line and change the lane frequently.
Though the traffic lights were off, rhythmic breathing
governed the traffic. It was around 1 a.m. but there
were many men gathering around stalls. It was like streets
in Japan around 8 p.m..

Indian economy is in the spotlight. The population is
about 1.1 billion and the land is about three billion,
two thousand and eight hundred sq km, which is wider
than all EU and about nine times as large as Japan.
Some states are wider than Japan itself so it's difficult
to imagine the country's size.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(YM)

JAPAN'S BUSINESSES INTO INDIA

On the night of June 2, I landed at the airport of Mumbai,
India's largest city with a population of some 18 million. It
was already past 11 p.m. but there was still a throng of people
around the airport. I got into a car and headed for Bune about
170 kilometers southeast of Mumbai. Bune is the university town,
where I was going to start doing my duty as a reporter.
There were no lanes painted on the road, and, with only
fluorescent lights coming from roadside stalls, visibility was bad.
They all drove recklessly, cutting in right in front of my car as
soon as they found any space and zigzagging along the road.
Traffic lights were out but the flow of traffic was not interrupted
as drivers hit it off with each other. Even after midnight, stalls
were full of men and remained as busy as those in Japan around
8 p.m.
India's economy is now attracting considerable attention. With
a population of about 1.1 billion, this country has an area of some
3.28 square kilometers, larger than the European Union as a whole
and about nine times as big as Japan. India has a few provinces
each of which is larger than Japan, so it is very hard to grasp
how vast this country is.


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(MM)

Japan based companies find out a means of survival

At the night of June 2nd I got out of the plane at the
airport in Mumbai which is the biggest city in India .
The population is 18 million and people were surging around the
airport , however it was after 11:00PM. I got on a car and
left for the college town of Pune , which is about 170km
southeast from Mumbai and the my first place to cover .

There are no lines on the roads. The only light is leaked from
fluorescent lighting on the road side street stalls so that
it was very dim . All drove so roughly that they constantly
cut off each other and changed lanes wherever space permitted.
Though the signals were turned off, the cars drifted with
harmony together through the street. Even after midnight ,
men gathered around the street stalls . It looked like
Japan around 8:00PM .

The Indian economy is being watched with keen interest .
The population is about 1.1 billion. It is geographically
about 3,280,000 km2 , about 9 times of Japan and no less large
than the whole EU . With some states which are larger than
Japan , it is so difficult to grasp the whole .

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(MH)

Japanese corporations start laying their hope on promising India.


On the evening of June 2, I arrived at Mumbai by air,
the biggest city in India. It has a population of some
18 million. Though it was already after 11 p.m. the airport
area was thronged with multitudes of people. I started by car
for Pune, the first destination on my reporting trip, which
is a college town about 170 km southeast of Mumbai.

There were no lane markings on the road and the visibility
was very poor. The lights I could see along the road were few
and far between, coming from fluorescent lamps at roadside
stalls at the most.

On the whole, local drivers had no driving manners. When
they found just a small space between cars, they would lose
no time to cut in. They were thus aggressive enough to change
the lanes abruptly in a zigzag fashion. Although traffic
lights were not working, they seemed to know how to maneuver
their car through the crossings instinctively.

Even after midnight, many men were still gathering around
the street stalls. It reminded me of the similar bustling
scenes I had watched in Japan at 8 p.m. before.

The Indian economy is drawing a great deal of attention
worldwide. The population is about 1.1 billion. It has an area
of 3.28 million square kilometers, larger than that of total
EU and about nine times as large as that of Japan. Some states
of India are larger than Japan in area. So, the scale of all
India is beyond our imagination.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(YM)

   India 一 Last Resort for Japanese Enterprises
      
  On the night of June 2, I landed at the airport in Mumbai.
The city has a population of eighteen million, the largest in
India. The airport and its neighborhood were swarming with
people at some unearthly hour before midnight. I got in a car
and headed for Pune, an academic complex 170 km southeast of
Mumbai, which was the first port of call on my reportage trip.
There were no lane markings on the street, which was void
of light except for faint glimmers of fluorescent light from
roadside stands, affording marginal visibility. Local drivers
threw caution to the wind and cut in on you if they found a
space, however small, and zigzagged down the road. Although
the traffic lights were not working, traffic was not interrupted
because the drivers had learned to drive by the seat of their
pants. A male crowd was hanging out around stands in the dead
of night,一a scene which reminded me of the hustle and bustle
of big cities around 8 p.m. in Japan.
The Indian economy is now the center of attention. With a
population of 1.1 billion, the country has a land area of about
3.28 million square km, nine times the size of Japan and larger
than that of EU as a whole. Some states in the country are
larger than Japan. The vast size of India is just mind-boggling.

ラベル:

 
2005-09-01
  ビジ英 Fast Food Campaign (2) 8/31-9/1, 2005
iceberg lettuce
に栄養があまり含まれていないというのは驚きでした。
トマトは栄養があるようですが、お高いですね。


<お知らせです>

9月19日にアエラ・イングリッシュが六本木のアカデミーヒルズ
と共同で無料イベントを開催します。

特別ゲストの予感(?)もあり。。。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

音読 5回



<意味を考えてみよう。答えは以下で>

●prostate cancer 
●mainstay 
●be loaded with 
●inkling 
●have free run of









──────────────────────────────
●prostate cancer 「前立腺がん」
──────────────────────────────

──────────────────────────────
●mainstay 「主力のもの、大黒柱」
──────────────────────────────
E-DICより。
mainstayとは「(船のメーン・マストを前方に支える)支索」。
ここから大黒柱という意味になった。

──────────────────────────────
●be loaded with 「…でいっぱいである」
──────────────────────────────
コウビルドでは、「ある性質が非常に多く含まれること」とあり、
フライドポテトのような「モノ」ではない模様。
例文:The phrase is loaded with irony.

──────────────────────────────
●inkling 「うすうす知っていること」
──────────────────────────────
have an inkling of …をうすうす知っている

──────────────────────────────
●have free run of 「自由に使える」
──────────────────────────────
これは「犬が自由に走れる」という所から来た言葉かな。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



編集後記

昼寝の効用について日頃から興味があります。
先日買った羊型のうつぶせ枕、会社で使っています。


高校生も15分間の昼寝で成績が向上したという記事です。

昼寝15分で成績アップ? 高校で調査「能率上がる」

眠くなる前に寝るのがコツ 高校生で昼寝の効果を実証

ラベル:

 
「あきらめない限り英語力は必ず伸びる」という信念の元、NHKラジオ「実践ビジネス英語」をベースに
あらゆる方法で英語学習を続ける日記です。
まずはメールマガジンに登録しましょう


本サイトについて
プロフィール
オススメサイト
キッズEnglish
メルマガ
著書


サイト内検索
Site Feed Atom / RSS


Ranking
?p?e?w?K ?????L???O ?Y?n?E?I?p?i?b?±???L

アーカイブ ファイル
2003/02 / 2003/03 / 2003/04 / 2003/05 / 2003/06 / 2003/07 / 2003/08 / 2003/09 / 2003/10 / 2003/11 / 2003/12 / 2004/01 / 2004/02 / 2004/11 / 2004/12 / 2005/01 / 2005/02 / 2005/03 / 2005/04 / 2005/05 / 2005/06 / 2005/07 / 2005/08 / 2005/09 / 2005/10 / 2005/11 / 2005/12 / 2006/01 / 2006/02 / 2006/03 / 2006/04 / 2006/05 / 2006/06 / 2006/07 / 2006/08 / 2006/09 / 2006/10 / 2006/11 / 2006/12 / 2007/01 / 2007/02 / 2007/03 / 2007/04 / 2007/05 / 2007/06 / 2007/07 / 2007/08 / 2007/09 / 2007/10 / 2007/11 / 2007/12 / 2008/01 / 2008/02 / 2008/03 / 2008/04 / 2008/05 / 2008/06 /
  • さらに過去ログ
  • 2001/01
  • 2001/07
  • 2001/09
  • 2001/11
  • 2002/01
  • 2002/05
  • 2003/01
  • 2004/02-05 北国
  • 2004/05
  • 2004/06
  • 2004/07
  • 2004/08
  • 2004/09
  • 2004/10
  • 2004/11


    Powered by Blogger

    登録
    投稿 [Atom]