NHKラジオ 実践ビジネス英語で英語をマスターしよう!
2006-01-06
  06/01/06 特別号
前回の質問に対して7名の方からお返事をいただきました。
ありがとうございました!


今日の回答編は長いです。


質問は次のようなものでした。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Don't you feel lonely with no one to come home to?
( 帰宅しても誰もいないことに寂しさを感じることはありませんか。)
の最後のtoは何にかかっているのか、文法的に理解できない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


では寄せられたメールをご紹介しましょう。
内容は多少編集しています。


まずはYMさんのメールです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
実務家として私は次のように考えます。
I came back home to my family. なら家族のいる家庭に戻った
となりますが、そのfamilyの代わりにno one になったと思えば
いいのではないでしょうか。 This car is easy to drive. でdrive
の目的語は主語のthis carであるというケースが良くありますね
それと同工異曲と考えています。もっと簡単にいうと 
I have no one to come home to. は I have no house to live in. 
と同様に取り扱っていいと思っています。あまり粗雑な説明で恐縮
ですがもっと文法的に説明する人が表れることを期待しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


これは、to は no one にかかるということですね。
toが最後にあることの不自然さは、I have no house to live in.
のinと同じだというのがなるほどと頷けます。
live inの終り方は確かに見覚えがあります。


2番目はINさんのメールです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
サム・クックの曲に「Bring it on home to me」というロック
(R&B系かも)のスタンダードがありますが、いろんな人が
歌っており、私が聞いた範囲では、ロッド・スチュアート、
ディブ・メイソン、ジョン・レノン、そのほかにもいろいろ
な人が歌っており、ジョン・レノンは「この曲、俺の書いた
曲だったら良かったのになー」といっていたと学生時代に何か
で読みました。私は、リスニング力超なし人間なので、聞こえ
た範囲で書きますと、ロッド・スチュアートはイントロ部分で、
「?(よくわからない)come home to me(一生懸命頼んでいる
雰囲気),?(よくわからない)standing here waiting」
(ぜんぜん違ってたらスミマセン)

内容は、思い焦がれている女性に、戻ってきて欲しい、何度も夜、
家に居なかったけどイイ許す、とか、何でも買ってやる、とか、
俺はおまえの奴隷だ、とかいった感じの歌詞です。(何か情け
ないような気もしますが、好きな曲なので)

さて、話題になっている部分ですが、文法的に正解という明快
な説明はできませんが、私は次のように勝手に理解しました。
「come home to 〈人〉:〈人〉にしみじみとした気持ちを感じさせる」
という句動詞で、今手元に辞書がないので、英辞郎で調べると
・come A home to B
A を B にぐさりと痛感させる[徹底的に痛感させる]
◆【用法】A に相当する語が長いときは B の後に置かれる。
と出ていました。
どうやら、他動詞句で、主語は〈人〉です。Aに相当している
部分は抜けていますが、
「come home to 〈人〉」はジーニアスには載っていたと思います。
no one to come home to?はno one to come home to (me)
ということではないでしょうか?
(私を)しみじみとした気持ちにしてくれる人が誰も居ない
しみじみとした気持ちにしてくれる人は、外で働く人
(今は男とする)にとってたいていの場合には、家で待って
いていてくれる女性なので「帰宅しても誰もいないこと
に寂しさを感じる」ということになるのではないでしょうか?
「ここは文法でびしっと理解したい」に対して、満足いく答
ではありませんが、私は何となくこんな風に理解して自分に
「イイ許す」としてしまいました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


come home to (人)は「しみじみと感じられる」というidiomだった、
というオチです。

(me)は省略されているということですね。

E-DICより。
Her meaning finally came home to me.
彼女の言わんとすることがやっと実感としてつかめた。

Its importance has really come home to me.
事の重大さを痛感しています。



3通目はYOさん。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
with no one to come home to の最後のtoは、no oneに
かかるのではないでしょうか。

Don't you feel lonely 寂しく感じませんか 
with no one 誰もいなくて
to come home to? あなたが帰っていく先(相手)に

「あなたが誰もいないところ(自宅)に帰っていって」ということで。

ちょっと思い出したんですが、
コール・ポーター作詞作曲の 
"You'd Be So Nice To Come Home To"
という歌をご存知ですか。to come home to が同じ感じか
と思いまして。あれは、「帰るところがあなただったら
嬉しいな」「あなたの待つ家に帰っていけたら幸せだな」
ということらしいんですが・・・

全然びしっと文法的説明ができてませんが、歌を思い出して
メールしたくなりました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


no oneに2票目です。

強力なヒントです。
"You'd Be So Nice To Come Home To"
to come home toが同じ形で終っていますね。

この歌の題名についてはいくつかのサイトで翻訳の議論を
見つけることができました。例えばこれらなど。

http://www.sam.hi-ho.ne.jp/la-cerise/mhelen.htm
http://english-fountain.blog.ocn.ne.jp/supplement/2005/09/post_3000.html

ここの説明によると、前置詞toの目的語は文の主語youが省略
されたもの、とあります。
「帰ってくれれば嬉しいわ」というこれまでの訳は間違いで、
「あなたのもとに帰ってこれるなんて素敵だわ」が正しい、と
書かれています。

そうではなく、come home toを「しみじみと人の胸にこたえる」
と解釈したサイトもありました。
http://www1.ttcn.ne.jp/~isoboo/lyric/y.html

私はこちらの説明が納得いきますね。
You'd be so nice (あなたは素敵だ)to come home to (しみじみするほどに)
という風にすなおに読めます。


わからなくなってきたところで4通目はnさん。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後の表現はno oneにかかっているのでは? 
with no one to come home to は<come[get] home to +人>
の変形バージョンと思われます。<come[get] home to +人>は
「人(妻など)のいる家に帰る」という意味でよく使われる連語です。

come home to youでgoogle検索すると58,700件ヒットするほか,
the Beatlesの A Hard Day's Nightに
"(But) when I get home to you I'll find the things that you do
Will make me feel alright" というフレーズも出てきます。

つまりこのtoは,帰っていく到達点であるところの人を表しており,
直訳すると,「帰っていくべき先の[迎えてくれる]人がだれも
いない状態で寂しくはありませんか」ということだと思います。

ちなみにI want someone to come home to. という言い方もできますね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


no oneに3票目です。


5通目はKRさん。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Don't you feel lonely with no one to come home to?
の件ですが、
come home の主語は何か?を考えるとわかりやすいかと思います。
直訳すると, (誰も家に帰ってこないような状態に寂しく感じる
ことはないか)と、ありますが、no one を主語とすると、
確かに最後の to がわからなくなります。
しかし、これでは、いつも家にいる人が「誰も家に帰って
こない状態を寂しく感じることはないか?」のような印象
をもちます。コーンさんは、世界をまたにかける人であって、
いつも家にいる人ではないですよね。文脈からも違和感がありますね。
この文の状況では、主語はyou(コーンさん)ではないでしょうか?
すなわち、「(コーンさんが)誰もいない家へ帰ることを
寂しく感じることはないか?」となります。
ここでは、最後のtoは、no oneにかかる解釈です。
文法的には、不定詞の形容詞的用法で、
修飾される名詞(no one)が不定詞の主語の働きをする解釈が前者、
に対して、修飾される名詞(no one)が前置詞toの目的語の
働きをする解釈が後者、と考えられます。
いかがでしょうか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


no oneに4票目です。
文法用語も出てきて説得力が増してきました。
やはり、no oneのようですね。



6通目はIさん。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
"to"は大西先生が言っていらっしゃるように、到達の"to"
だと思います。そこに向かって行く、家に帰れば誰かがいる、
この場合は誰もいない"come home to no one"
そういう状態が寂しいといっているんだと思います。向かう
のが"no one"というのが日本人にはなじみが薄いと思いますが、
こういう言い方は英語ではよくあると思います。
googleで検索すると、Want to come home to my wife の
ような文が出てきます。come home to my wife 、538件、
come home to my husband 324件、come home to my children 130件、
come home to no oneは、1290件(これは、to と no oneの間が切れて
いるのも含みますが、続いているのも沢山あります。
又、to feel lonely with no one to talk toなども
google検索するとでてきます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


no oneに5票目です。駄目押しでしょうか。

Googleで調べたところ、いわゆる鍵っ子を、
"kids who come home to no one" と表現しているのがありました。

come home to no oneで決めましょうか。

ところで大西先生のイメージでつかみたいんですよ、本当は。
今日1/5から始まった「ハートで感じる英文法(会話編)」
でも、今回は文型に焦点が当たるみたいですね。


7通目はSTさん。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
come home toを「帰宅して」というように理解すると意味が
わからなくなります.「だれもいない」という理解であれば,
その状態が身にしみる(come home to)ということで,
何ら違和感なく通じます.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

出ました。come home to 「しみじみ感じる」ですね。
この場合もcome home to (me)のmeが省略されているという解釈ですか。


さあ、5対2で「no one」か「しみじみ」か、もう一度
原文を読んでみましょう。


Don't you feel lonely with no one to come home to?
( 帰宅しても誰もいないことに寂しさを感じることはありませんか。)


あなたはどちらが正しいと思いますか?
私は、、、正直わかりません。

テキストの訳に「帰宅して」とありますから、ここは
「しみじみ」ではなくて、no oneにかかるのかなあと思いました。


今回のメールを踏まえて、ご意見のある方はメールください。
 
コメント: コメントを投稿



この投稿へのリンク:

リンクを作成



<< ホーム
http://mail.google.com/mail/?hl=ja
「あきらめない限り英語力は必ず伸びる」という信念の元、NHKラジオ「実践ビジネス英語」をベースに
あらゆる方法で英語学習を続ける日記です。
まずはメールマガジンに登録しましょう


本サイトについて
プロフィール
オススメサイト
キッズEnglish
メルマガ
著書


サイト内検索
Site Feed Atom / RSS


Ranking
?p?e?w?K ?????L???O ?Y?n?E?I?p?i?b?±???L

アーカイブ ファイル
2003/02 / 2003/03 / 2003/04 / 2003/05 / 2003/06 / 2003/07 / 2003/08 / 2003/09 / 2003/10 / 2003/11 / 2003/12 / 2004/01 / 2004/02 / 2004/11 / 2004/12 / 2005/01 / 2005/02 / 2005/03 / 2005/04 / 2005/05 / 2005/06 / 2005/07 / 2005/08 / 2005/09 / 2005/10 / 2005/11 / 2005/12 / 2006/01 / 2006/02 / 2006/03 / 2006/04 / 2006/05 / 2006/06 / 2006/07 / 2006/08 / 2006/09 / 2006/10 / 2006/11 / 2006/12 / 2007/01 / 2007/02 / 2007/03 / 2007/04 / 2007/05 / 2007/06 / 2007/07 / 2007/08 / 2007/09 / 2007/10 / 2007/11 / 2007/12 / 2008/01 / 2008/02 / 2008/03 / 2008/04 / 2008/05 / 2008/06 /
  • さらに過去ログ
  • 2001/01
  • 2001/07
  • 2001/09
  • 2001/11
  • 2002/01
  • 2002/05
  • 2003/01
  • 2004/02-05 北国
  • 2004/05
  • 2004/06
  • 2004/07
  • 2004/08
  • 2004/09
  • 2004/10
  • 2004/11


    Powered by Blogger

    登録
    投稿 [Atom]