NHKラジオ 実践ビジネス英語で英語をマスターしよう!
2006-01-13
  NHKラジオ ビジネス英会話 Lunch With Punch (2) 1/11-12, 2005
最近、朝の通勤時はiPodでPodcastingを聞いています。
お気に入りはeChat Vancouverです。

http://syndy.jp/podcasting/echat/

これは平日毎日10分程度の番組で、日常英会話を教えて
くれます。

第59回 06/01/09 の回ではLとRの発音が取り上げられました。
これが何度聞いてもLとRの違いが聞き取れません。

日本人だなあと実感しました。

上のURLからMP3ファイルをダウンロードできますので、
聞いてみてください。

このeChat Vancouverは提供がトークマスターでおなじみ、
サン電子なんですね。

つまり、PodcastingはiPodでなくても聴くことができます。
普通のMP3プレーヤーでもいいし、パソコンでもいいです。

サン電子が提供しているくらいですからトークマスターに
移して聞いてもいいわけです。




音読 5回


■意味を考えてみよう。答えは以下で

●accordingly 
●backtrack 
●grab-and-go meal
●throwaway 
●soup-to-nuts lesson 




3行目、focused on future business careersの部分は、They'reに
かかっているのでしょうか? それともcollege seniorsにかかって
いるのでしょうか?

後者だとfocusingとなるべきと思うので、前者と考えるのが適当だと
思いますが、そうすると「昼食会が将来のビジネスキャリアに焦点を
当てている」となり、日本語訳が意訳であることがわかると共に、
「ビジネスキャリアに焦点を当てる」という部分の意味が取りにくい
ことになります。


<1月14日追記>
Iさんから、focusedは形容詞とのメールをいただきました。

---
ここは"local college seniors"の後ろに"who are"が省略されている
形だと思います。"focus" には、(受身形で)”はっきりした目的を
持っている、焦点[目的]が定まっている”という意味があります。
後ろに"on future business careers"と長く続くので、名詞の前でなく
後ろに置いている形だと思います。
---

その通りですね、Iさん、ありがとうございました。

They're aimed at local college seniors (who are) focused
on future business careers.



──────────────────────────────
●accordingly 「それに応じて、従って、それゆえ」
──────────────────────────────
マークピーターセンの日本人の英語だったと思いますが、
日本人はaccordinglyを文頭で「したがって」という意味で安易に
使いがちだがこれは誤りである、という記述があったと思います。

正しくは、何らかの状況があって、それに応じて何かする、みたいな
使い方だと理解しています。

──────────────────────────────
●backtrack 「来た道を引き返す、振り返る」
──────────────────────────────
説明の中でbacktrackするとは、すでに話したことを話すこと。

──────────────────────────────
●grab-and-go meal 「(サンドイッチのように)手に取ってその
まま食べられる既製の食事」
──────────────────────────────

おすすめgrab-and-goな朝食はこちら
http://www.cspinet.org/nah/11_99/breakfast_grab_n_gos.html

より健康的なGrab-and-go veggie snacks
http://www.msnbc.msn.com/id/7710091/

──────────────────────────────
●throwaway 「使い捨て可能な」
──────────────────────────────
throwaway productとは、短い期間のみ使われた後、捨てられるもの。
throwaway = throwaway product

──────────────────────────────
●soup-to-nuts lesson 「(一から十までそろった)完全な
(フルコースの)講習」
──────────────────────────────
http://en.wikipedia.org/wiki/Soup_to_Nuts
"Soup to nuts" is an English figurative expression (or idiom)
conveying the meaning of "from beginning to end". It is derived
from the description of a complete meal, whose courses range
from firstly Soup, to lastly Nuts.

──────────────────────────────
●その他にも、次も押さえておきたい。[誌面の都合上省略]
──────────────────────────────
lean forward (前かがみになる)
hunch over (に覆いかぶさる)


■編集後記
「ハートで感じる英文法」第二回はifでした。
if何々, I'll 何々.
if何々, I 何々.
の違いは何でしょう。

答えは来週水曜日の再放送を見てください。

ラベル:

 
コメント: コメントを投稿



この投稿へのリンク:

リンクを作成



<< ホーム
http://mail.google.com/mail/?hl=ja
「あきらめない限り英語力は必ず伸びる」という信念の元、NHKラジオ「実践ビジネス英語」をベースに
あらゆる方法で英語学習を続ける日記です。
まずはメールマガジンに登録しましょう


本サイトについて
プロフィール
オススメサイト
キッズEnglish
メルマガ
著書


サイト内検索
Site Feed Atom / RSS


Ranking
?p?e?w?K ?????L???O ?Y?n?E?I?p?i?b?±???L

アーカイブ ファイル
2003/02 / 2003/03 / 2003/04 / 2003/05 / 2003/06 / 2003/07 / 2003/08 / 2003/09 / 2003/10 / 2003/11 / 2003/12 / 2004/01 / 2004/02 / 2004/11 / 2004/12 / 2005/01 / 2005/02 / 2005/03 / 2005/04 / 2005/05 / 2005/06 / 2005/07 / 2005/08 / 2005/09 / 2005/10 / 2005/11 / 2005/12 / 2006/01 / 2006/02 / 2006/03 / 2006/04 / 2006/05 / 2006/06 / 2006/07 / 2006/08 / 2006/09 / 2006/10 / 2006/11 / 2006/12 / 2007/01 / 2007/02 / 2007/03 / 2007/04 / 2007/05 / 2007/06 / 2007/07 / 2007/08 / 2007/09 / 2007/10 / 2007/11 / 2007/12 / 2008/01 / 2008/02 / 2008/03 / 2008/04 / 2008/05 / 2008/06 /
  • さらに過去ログ
  • 2001/01
  • 2001/07
  • 2001/09
  • 2001/11
  • 2002/01
  • 2002/05
  • 2003/01
  • 2004/02-05 北国
  • 2004/05
  • 2004/06
  • 2004/07
  • 2004/08
  • 2004/09
  • 2004/10
  • 2004/11


    Powered by Blogger

    登録
    投稿 [Atom]