NHKラジオ 実践ビジネス英語で英語をマスターしよう!
2006-01-15
  NHKラジオ ビジネス英会話 Lunch With Punch (3) 1/13-14, 2005
直読英語の技術?こんなふうにやれば、どんどん読める 
加藤恭子(著) を読みました。

英語では「読む」ことが大事で、特に「速く読む」力を
付けなければいけないという趣旨の本です。

どうやれば読む力が付くかというと、わからない単語は
丸をつけておき、「推論」しながら読むということです。
推論で意味を想像しながら読んだ後で、辞書を引いて
わからなかった単語の意味を覚えていくのです。

著者の加藤さんは戦後間もない頃にアメリカに留学され、
英語を非常な努力の中で学ばれた経験があります。

辞書を引いている暇がない忙しさの中での勉強だったらしく、
自然とわからない単語を推論するくせが付いたそうです。


お勧め度 ★★★★

直読英語の技術?こんなふうにやれば、どんどん読める
直読英語の技術?こんなふうにやれば、どんどん読める





■前回のメルマガの訂正

前回、このように疑問を書きました。

---
3行目、focused on future business careersの部分は、They'reに
かかっているのでしょうか? それともcollege seniorsにかかって
いるのでしょうか?

後者だとfocusingとなるべきと思うので、前者と考えるのが適当だと
思いますが、そうすると「昼食会が将来のビジネスキャリアに焦点を
当てている」となり、日本語訳が意訳であることがわかると共に、
「ビジネスキャリアに焦点を当てる」という部分意味が取りにくい
ことになります。
---

Iさんから、focusedは形容詞とのメールをいただきました。

---
ここは"local college seniors"の後ろに"who are"が省略されている
形だと思います。"focus" には、(受身形で)”はっきりした目的を
持っている、焦点[目的]が定まっている”という意味があります。
後ろに"on future business careers"と長く続くので、名詞の前でなく
後ろに置いている形だと思います。
---

その通りですね、Iさん、ありがとうございました。

They're aimed at local college seniors (who are) focused
on future business careers.



音読 5回


■意味を考えてみよう。答えは以下で

●dribble
●tee someone off
●public nuisance 
●stomp 
●make it snappy 






──────────────────────────────
●dribble 「滴る、こぼれる」
──────────────────────────────
ボールをドリブルすると同じですね。

──────────────────────────────
●tee someone off 「(人)をうんざりさせる」
──────────────────────────────
= annoy
主にアメリカ、Informal。
ゴルフの「ティーオフ」と同じ。

──────────────────────────────
●public nuisance 「はた迷惑なもの(人)」
──────────────────────────────
公害という意味もある。

下は英米の法律用語のようです。
private nuisance 私的不法妨害
public nuisance 公的不法妨害

──────────────────────────────
●stomp 「ずかずか(どたどた)歩く」
──────────────────────────────
コウビルドでは、often because you are angry とあります。

──────────────────────────────
●make it snappy 「手早く済ませる、急ぐ」
──────────────────────────────
コウビルドより。
If you tell someone to make it snappy,
you tell them to do something quickly.

ビニエットも、She gave him a dirty look and
told the cashier to make it snappy. とあります。

tell someone to make it snappyという形か。


E-DICより。
「どちらかといえば男っぽい表現で、命令として使うと、きつくて
やや乱暴な言い方になる」とあります。

Make it snappy, will you? / Yes, sir. I'm adding everything up right now.
「君、早くしてくれよ」「はい。ただ今、合計を出しております」

──────────────────────────────
●その他にも、次も押さえておきたい。[誌面の都合上省略]
──────────────────────────────
emphatically (断固として、強調して)
put the point across (問題点をわからせる)
give someone a dirty look (にらみつける)
grace (たしなみ)
snap at (八つ当たりする)
delve into (掘り下げる)
common courtesy (礼儀)
bygone (過去の)
transgression (違反)
chomp (ムシャムシャかむ)
gab (むだ口をきく)  = yak
get sore (腹を立てる)
bark at (ののしる)


■使用した辞書E-DICについて

E-DICとは例文が満載のパソコンで使う英和、和英電子辞書です。
詳しくはこちらへ → http://www.asahipress.com/e-dic/index.html




■編集後記
Mr. & Mrs. Smithを雨の中、見に行きました。
映画館は結構人が入っていましたね。
内容はどんぱちものでした。
ブラピの名前が想い出せなくてエンドロールで納得。

ラベル:

 
コメント: コメントを投稿



この投稿へのリンク:

リンクを作成



<< ホーム
http://mail.google.com/mail/?hl=ja
「あきらめない限り英語力は必ず伸びる」という信念の元、NHKラジオ「実践ビジネス英語」をベースに
あらゆる方法で英語学習を続ける日記です。
まずはメールマガジンに登録しましょう


本サイトについて
プロフィール
オススメサイト
キッズEnglish
メルマガ
著書


サイト内検索
Site Feed Atom / RSS


Ranking
?p?e?w?K ?????L???O ?Y?n?E?I?p?i?b?±???L

アーカイブ ファイル
2003/02 / 2003/03 / 2003/04 / 2003/05 / 2003/06 / 2003/07 / 2003/08 / 2003/09 / 2003/10 / 2003/11 / 2003/12 / 2004/01 / 2004/02 / 2004/11 / 2004/12 / 2005/01 / 2005/02 / 2005/03 / 2005/04 / 2005/05 / 2005/06 / 2005/07 / 2005/08 / 2005/09 / 2005/10 / 2005/11 / 2005/12 / 2006/01 / 2006/02 / 2006/03 / 2006/04 / 2006/05 / 2006/06 / 2006/07 / 2006/08 / 2006/09 / 2006/10 / 2006/11 / 2006/12 / 2007/01 / 2007/02 / 2007/03 / 2007/04 / 2007/05 / 2007/06 / 2007/07 / 2007/08 / 2007/09 / 2007/10 / 2007/11 / 2007/12 / 2008/01 / 2008/02 / 2008/03 / 2008/04 / 2008/05 / 2008/06 /
  • さらに過去ログ
  • 2001/01
  • 2001/07
  • 2001/09
  • 2001/11
  • 2002/01
  • 2002/05
  • 2003/01
  • 2004/02-05 北国
  • 2004/05
  • 2004/06
  • 2004/07
  • 2004/08
  • 2004/09
  • 2004/10
  • 2004/11


    Powered by Blogger

    登録
    投稿 [Atom]