NHKラジオ 実践ビジネス英語で英語をマスターしよう!
2006-07-30
  NHKラジオ ビジネス英会話 Marriages and Divorces (6) 7/28-29, 2006
今注目しているのがYouTubeです。

YouTube
http://youtube.com/

誰でもビデオをアップロードできるサイトなのですが、
一部では著作権に違反したテレビ映像がアップされていたり
して問題にもなっていますが、これを英語学習に使えないかと
思っているわけです。

実際、英語圏の人の個人的なビデオブログ風なものも見つかりますが、
今ひとついいものが見つかっていません。

ところで渡辺千賀さんのブログOn Off and Beyondで紹介されていた
YouTubeのビデオをご紹介します。

On Off and Beyond - すばらしい英語勉強法
http://www.chikawatanabe.com/blog/2006/06/post_8.html

ここで紹介されているEnglish Lesson - Matrix in Japanese Accent
は面白いですね。ネタではないかと思える程に日本人発音の英語で
映画マトリックスをシャドウイングしています。



このような日本人英語でもアメリカでは通じるということです。


英語とは関係ありませんが、かわいいのでご紹介。

Un chaton qui a sommeil 眠たい仔猫


■P92 BUSINESS WORD POWER

Part 7 問正解
Part 8 問正解

注目したい表現

ビニエットにあったcall it quitsも問題にでてました。


これらの表現を覚えることができました。
わからなかったら問題にチャレンジ!

●roll out
●take shape
●on an equal footing
●step out
●production capacity
●funnel







●roll out, 大量に作り出す
●take shape, 格好が付く
E-DICより。
This project is finally beginning to take shape.
この計画もやっと格好がつき始めた。

●on an equal footing, 対等の立場で
英辞朗より。
discuss … on an equal footing
…について対等な立場で話し合う

●step out, ちょっと外に出る、しばし席をはずす
E-DICより。
My wife and I are getting old, but we still like to step out
once in a while.
家内も私もいい年になってきたが,まだ時々遊びに出かけるのが好きだ

●production capacity, 生産能力
●funnel, つぎ込む
名詞では「じょうご」これより動詞では「集中する」「一か所に集める」

ラベル:

 
2006-07-29
  NHKラジオ ビジネス英会話 Marriages and Divorces (5) 7/26-27, 2006
読者の方からメールを頂きました。
編集後記に書いているアメリカ出張の話です。

むこうの人の言うことが聞き取れないというおきまりの話に
ついて、本多さんでも聞き取れませんか、リスニングの道は
厳しいですね、というメールでした。

私は海外滞在経験もない純ジャパですからしょせん無理なのです。
(くすん)

特に今回の出張では英語滞在暦の長い現地法人のNさん(日本人)が
打ち合わせを仕切っていたので、今までの出張とはちと違っていました。

ネイティブ同士で会話がどんどん進んでいる隣に座っている
わたくし、という感じ。

これまでなら英語できない純ジャパメンバで訪問するので、相手の聞き取れ
ないところは聞きなおすということもできたのですが、今回は
相手もこちらに英語の”すごく”できる人がいるので容赦なく
しゃべってくるのです。

ああ、わかんねええええと思っていると、Nさんが英語で受け答えを
するわけです。そして会話は進んでいく。。。

そんなわけで、ほんまもんの英語は恐いなあと真っ白な頭でぼんやりと
考えていました。


最近、「リスニング難度A+」というリスニング教材を買いました。
何かむずかしめのリスニング教材はないかと思って探していたのですが、
この本はアメリカの街の人へのインタビューからなっていてなかなか
むずかしくて良い感じです。

リスニング難度A+?街を行くアメリカ人の声
リスニング難度A+?街を行くアメリカ人の声




■P55 練習問題

皆さんも自分で英作文をやってみましょう。
辞書、テキストは見てよいです。
あとスペルチェックも可としましょう。



(1)麻薬防止のプログラムは、警察によって始められ、
ボランティアグループが引き継いだ。(initiate)

        Let's try!


<本多試訳>
(正直、何も見なくて書いたバージョン)
The anti-drug program was initiated by the police and
taken over by the volunteer group.

(色々見て書いたバージョン)
The drug-prevention program was initiated by the police and
taken over by the volunteer group.


<正解>
The drug prevention program was initiated by the police and
taken over by a group of volunteers.

<考察>
The drug prevention program, 麻薬防止のプログラム


(2)きょうはこれで終わりとしよう。もう9時だし、
お腹が空いた。(call it quits)

        Let's try!


<本多試訳>
(正直、何も見なくて書いたバージョン)
Let's call it quits. It's nine already and I feel hungry.

(色々見て書いたバージョン)
Let's call it quits. It's nine and I'm hungry.

<正解>
Let's call it quit for today. It's 9 o'clock and I'm hungry.

<考察>
とくになし


(3)注文品の到着の遅れは発送業者のせいであり、彼らは
責任をとった。(fault)

        Let's try!


<本多試訳>
(正直、何も見なくて書いたバージョン)
The delay of the items is the shipper's fault and
they took their responsibility.

(色々見て書いたバージョン)
The delay of our order is the mailer's fault and
they took their responsibility.

<正解>
The delay in the arrival of the order was the fault of
the shippers, and they have accepted responsibility.

<考察>
何々の遅れ、は、delay in the 何々。
delay in the construction 工事の遅れ
There has been a delay in the delivery of …の納品が遅れています。

ラベル:

 
  YouTube より 失楽便
面白いので。。。

 
2006-07-27
  NHKラジオ ビジネス英会話 Marriages and Divorces (4) 7/24-25, 2006
小泉首相がサミットでジョークを連発したそうです。
「熊」の話題が出たときに、ベアに関連する単語を
連発して首脳らを微笑ませたということです。
純ちゃんも英語もなかなかできそうですね。

小泉首相、サミットでジョーク連発 各首脳の笑い誘う
http://www.sankei.co.jp/news/060724/sei056.htm


■意味を考えてみよう。答えは以下で

carefree
knock someone's socks off
not take no for an answer
have one's hands full
mingle with
Whatever perspective you put on it








──────────────────────────────
carefree, 気ままな
──────────────────────────────
A carefree person or period of time doesn't have or involve
any problems, worries, or responsibilities.

──────────────────────────────
knock someone's socks off, びっくり仰天させる
──────────────────────────────
E-DICより。

knock [blow] someone's socks off
「?に感銘を与える,?を非常に感動させる,びっくり仰天させる,
圧倒する,瞠目させる」。knock-your-socks-offの形で形容詞として
も使う。

Debbie is a great cook. She bakes an apple pie that'll knock
your socks off.
デビーはすばらしく料理がうまい。びっくりするほどおいしいアップル
パイを焼くんだよ

英辞朗によると、knockのほかに、beat, blow, rotでも同じ意味です。

──────────────────────────────
not take no for an answer, あきらめない
──────────────────────────────
E-DICより。

(won't/refuse to) take no for an answer
「《否定文で》嫌[だめ]だとは言わせない,絶対にそうでなければ
だめだ[そうしてくれ](と言う);《肯定文で》だめだと言われて
引き下がる」。否定文で使うのがふつう。

No matter what I say, she won't take no for an answer.
ぼくがどういうふうに断っても,彼女は承知してくれない

──────────────────────────────
have one's hands full, (忙しくて)手一杯である
──────────────────────────────
If you have your hands full with something, you are very
busy because of it.

E-DICより。
have one's hands full 手がいっぱいだ
「手にいっぱい持っている、手がいっぱいだ」の意味で、He has his
hands full of apples.(彼は手にりんごをいっぱい持っていた)の
ように字義的に使われるのはもちろんだが、日本語と同様、比喩的に
「とても忙しい、とても忙しくてほかの事をするゆとりがない」の意味
でも使われる。通常、「手がいっぱい」とは両手がふさがっていると
いうことだから、handは複数形になる。

──────────────────────────────
mingle with, …と交流(交際)する
──────────────────────────────
At a party, if you mingle with the other people there,
you move around and talk to them.

フレーズ辞典より。
mingle  〔動〕交わる
It's better that people have the space to mingle informally.
社員がお互いに気楽に交われるスペースがあるほうがいい.

あるお役所では「ミンゴしてくるねー」という表現があるそうですが
語源はこのmingleかもしれません。

─────────────────────────────
その他にも、次も押さえておきたい。[誌面の都合上省略]
──────────────────────────────
Whatever perspective you put on it, どのように考えるにせよ

ラベル:

 
2006-07-23
  NHKラジオ ビジネス英会話 Marriages and Divorces (3) 7/21-22, 2006
あるニュースより。。。


英語の授業の大半を英語で行っている公立中学校は約4%にとどまり、
「授業の大半を英語で行う」とする文部科学省の目標に遠く及ばない
ことが、同省の調査で分かった。


って、どんな目標だよっ!!!
普通の英語教師では無理っしょ。


また、ビジネス界で英語力の指標とされる「TOEIC」で730点
以上の英語教員は、中学で1割、高校で2割にも満たず、英語教育の
お寒い実態が浮き彫りになった。



うー ぶるぶる さぶいさぶい


公立中、英語で授業4%だけ
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20050718ur02.htm





■意味を考えてみよう。答えは以下で

call it quits
infidelity
figure into
single out
commit to
go down the drain
in the not-so-distant future
rule out
wed








──────────────────────────────
call it quits, やめる
──────────────────────────────
E-DICより。

このquitsはもともと「互角の」「あいこの」の意で、quit(やめる)
に-sをつけたものではない。昔、借金などの払いが終わると、書類に
quittus(「返済ずみ」の意の中世ラテン語)という判を押したところから、
これが英語に採り入れられ、quitsの形で「互角の」「あいこの」の
意味で使われるようになった。つまり「これで(債権者と債務者は)
あいこだ」という発想である。call it quitsは一般には「あいこである」
かどうかとは無関係に、「やめる」の意で使われるが、状況としては
もっぱら「目標に達しないうちにやめる」場合にいう。すなわち、
「これ以上努力しても仕方がない」とか「心残りだがどうしようもない」
というように「あきらめ」の気持ちが入っているのがふつうである。

After struggling for many years to make their marriage work,
Mr. and Mrs. Quarles decided to call it quits (and get a divorce).
(ふたりの結婚をうまくいかせようと何年も四苦八苦したあげく、
クォーレルズ夫妻はあきらめ〈て離婚す〉ることにした)。

──────────────────────────────
infidelity, 不貞
──────────────────────────────
Infidelity occurs when a person who is married or in a steady
relationship has sex with another person.

──────────────────────────────
figure into, …に関係する
──────────────────────────────
If a person or thing figures in something, they appear in or
are included in it.

他にEncartaでもfigure inでincludeという意味とあります。

フレーズ辞典より。
figure in   (1)…を計算に入れる  (2)…にかかわりがある
(2) Lower housing and salary costs figure heavily in the trend
toward local hiring.
現地採用が多くなっていることの大きな理由は,住居費や給料を低く
抑えられることだ.

──────────────────────────────
single out, …を挙げる、…を選び出す
──────────────────────────────
If you single someone out from a group, you choose them
and give them special attention or treatment.

フレーズ辞典より。
single out  〈一人、一つだけを〉選び出す, えり抜く
Peter was proud to be singled out for special commendation
as the past year's most productive employee.
ピーターは昨年度最も生産性の高かった従業員として選ばれ,
特別の褒賞を受けたことを誇りにしている.

──────────────────────────────
commit to, …に責任を持つ
──────────────────────────────
If you commit yourself to something, you say that you will
definitely do it. If you commit yourself to someone, you
decide that you want to have a long-term relationship with them.

commitはなかなか日本語にしにくい印象があります。

─────────────────────────────
その他にも、次も押さえておきたい。[誌面の都合上省略]
──────────────────────────────
go down the drain, だめになる
in the not-so-distant future, 遠からず、近いうちに
rule out, …を排除する
wed, 結婚する

ラベル:

 
2006-07-22
  NHKラジオ ビジネス英会話 Marriages and Divorces (2) 7/19-20, 2006
TOEICが来年から新しく、スピーキングテスト/ライティングテスト
を始めます。既存の公開テストやIPテストとは別に独立に実施
されるようです。試験会場でコンピュータに向かって行う試験です。
受験料は9,975円なり。

詳しくはこちらへ
http://www.toeic.or.jp/


■意味を考えてみよう。答えは以下で

at odds
hand and foot
see it coming
fly out of the nest
Marital security doesn't cut it
marital
wait on
childrearing
shed
cut the tie that binds








──────────────────────────────
at odds, 不和で、反目して、対立して
──────────────────────────────
If someone is at odds with someone else, or if two people
are at odds, they are disagreeing or quarrelling with each other.

E-DICより。
at odds 相争って
「相争って、相反目して」の意。oddsは競馬などの「オッズ」すなわち
「賭け率」という意味のほか、「優勢、勝ち目」などの意味も持つが、
それらが競争や勝敗に関連した言葉であることを考えると、この語が
「相争って」の意をなすことも理解できる。

──────────────────────────────
hand and foot, 手となり足となり、まめまめしく
──────────────────────────────
ビニエットでは、be waited on, hand and footという使われ方でした。
このつながりで意味を持つようです。

E-DICより。
wait on someone hand and foot
(身の回りの)一切合切の世話をする
wait onはこの場合attend(仕える)とほぼ同じ意味で、「身の回りの
こまごまとした世話をする」ということ。「骨身を惜しまずちょこまか
よく動く」といったイメージがある。hand and footは強調で、「手から
足まで」つまり「手袋をはめてやったり、靴をはかせてやったり、上から
下まで全部」である。「まめまめしく」とか「忠実に」といったニュアンス
が感じられる表現。ただし、現在の使い方としては世話するほうからいって、
「いかにもたいへんだ」とか「そこまで世話を期待してもらっては困る」
といった場合に使うことが多い。

──────────────────────────────
see it coming, それが起こりそうな気配を感じる
──────────────────────────────
comingの代わりにhappeningの表現がありました。
さらに、ビニエットではtheir husband didn't see it comingと否定
で使われていますが、やはりE-DICでは否定で使われる表現として載って
いました。

E-DICより
not see it [that] (happening)

「そんなことが起こるとは思わない[起こることを期待しない],
(約束・提案・希望などが)実現するとは思わない」

They say a great earthquake could destroy this city, but I don't
see that happening.
大地震が起こればこの町は壊滅しかねないと言われているが,私はそんな
ことが起こるとは思わないよ

──────────────────────────────
fly out of the nest, 巣立つ
──────────────────────────────
=leave home
When children fly the nest, they leave their parents' home
to live on their own.

──────────────────────────────
Marital security doesn't cut it, 結婚による安定が得られない
──────────────────────────────
If you say that someone can't cut it, you mean that they do not
have the qualities needed to do a task or cope with a situation.

英辞朗より。
cut it
【1】 うまく[見事に・期待どおりに]やる、うまくいく、効果的である、
水準に達する◆通例、否定形で用いられる。

─────────────────────────────
その他にも、次も押さえておきたい。[誌面の都合上省略]
──────────────────────────────
marital, 結婚の
wait on, …に仕える
childrearing, 子育て
shed, 捨てる、脱皮する
cut the tie that binds, きずなを断ち切る

ラベル:

 
2006-07-19
  WORM SNAX



これがニューヨークで見つけたワームスナックだ。ベーコン&チーズ味とチャダーチーズ味。友人への恒例の面白お土産としてうってつけだったが、自分で試してみる勇気はない。欲しい方はこちらからどうぞ。
 
2006-07-18
  NHKラジオ ビジネス英会話 Marriages and Divorces (1) 7/17-18, 2006
3週間ぶりに骨までしゃぶるメルマガ、復活です。

最初の2週間はアメリカ、ドイツ、スイス、スペインの
世界一周漫遊出張でした。特にアメリカでは今までで最大の
ショックを受け(英語がらみね)、帰国後1週間は立ち直れ
ないほどでした。もうビジ英やめようかな。。。。と

今朝起きて、久しぶりにビジ英を聴いてメルマガを作り始めたところ、
なんという懐かしさ、そして大いなる安堵感が押し寄せてきたのでした。

どうやら早朝のメルマガ作成が骨の髄まで染み込んでいるようです。

アメリカでの経験はおいおい編集後記で書いていく事とします。



Writers' Workshop7月号、私、英作文をするのを忘れてました。
募集するタイミングもなかったので、もしやられた方がいらっしゃれば、
本多までお寄せください。


音読ですが、やめることにしました。

今回のアメリカ出張の経験から、恐ろしいほどにリスニング力が
ないことがわかりました。とはいってもTOEICリスニングパートは
前回は満点近かったんですが。TOEICってなんなんだーと強く言いたい。

で、夜、半分寝ながらの音読はあんまり意味がないのかなと。
市橋先生のように80回もすればまた、別なのでしょうが。

ということで、別のリスニングの訓練法を探しています。
いい方法があったら教えてください。
特に容赦ないネイティブのスピードに耐えられるヤツ。

とりあえず、友人でもある小川慶一さんの「英語嫌いの東大卒が教える
私の英語学習法」の101ページからのリスニング訓練法でもやってみようか
と思います。

英語嫌いの東大卒が教える私の英語学習法




■意味を考えてみよう。答えは以下で

take-charge type
final and binding
So be it.
bicker over
bed of roses
much to someone's surprise
midlife crisis
out on one's own
remarry 
get a divorce
get hitched









──────────────────────────────
take-charge type, ボス的なタイプ、自分で仕切りたがる性格
──────────────────────────────
リーダーズではtake-chargeで、
「強い指導者としての資質を持つ、自分で何でも取り仕切る」
という意味があり、要は「ボス的な、親分肌の」という意味も
持つようです。

──────────────────────────────
final and binding, 絶対服従の
──────────────────────────────
英辞朗より。
final and binding on both parties
《be ?》(裁定などが)最終であり両当事者を拘束する

裁判かあるいは契約書用語のようです。

──────────────────────────────
So be it., 好きにすればいい、それならそれでいい
──────────────────────────────
E-DICより。
so be it それでもいい
本来はlet it be soで、直訳すれば「それをそうしておけ」。これが
会話で使われるとき、「それでいい、それで結構」という文字通りの
承諾を表す場合と、「嫌だと言ってもしょうがないからもういい、
勝手にしたら」という投げやりなニュアンスを含んだ不承不承の承諾
の場合がある。if節を伴うことが多い。

──────────────────────────────
bicker over, …のことで口論する
──────────────────────────────
When people bicker, they argue or quarrel about unimportant
things.

些細なことで、つまらないことで、というのがポイントですね。

──────────────────────────────
bed of roses, 安楽な身分(暮らし)
──────────────────────────────
E-DICより。
bed of rosesは「ばらを敷き詰めた寝床」、転じて、「安楽な境遇」を意味する。

If you say that a situation is not a bed of roses, you mean
that it is not as pleasant as it seems, and that there are
some unpleasant aspects to it.

no, notとの組み合わせで使われることが多いようです。

─────────────────────────────
その他にも、次も押さえておきたい。[誌面の都合上省略]
──────────────────────────────
much to someone's surprise, 大変驚いたことに
midlife crisis, 中年の危機
out on one's own, 親元を離れる、家を出る
  →2回使われていることに注目
remarry, 再婚する 
get a divorce, 離婚する
get hitched, 結婚する

ラベル:

 
2006-07-03
  日曜日 ドイツ入り
NYからフランクフルトに入りました。ワールドカップを見るため、ではありません。まずはフランクフルトに二泊の予定。午後早々中央駅前のホテルにチェックイン。徒歩で近くのレーマー広場、大聖堂、ゲーテハウス(入場せず)等を散策。レーマー広場でビールとフランクフルトソーセージを頂く。日中、天気がよく非常に暑い。

夜はマイン川を渡ったところにある韓国料理「新羅」へ。店には韓国人がたくさんいて信頼置ける味。本場と同じ焼肉を目一杯食べて一人5000円程度。

午後9時になっても空は暗くならない。日差しが弱くなって、明るいが涼しい感じで心地よい。

フランクフルト自体はこれ以上大して見るところもなさそうだ。
 
  土曜日 寸暇を惜しんで
まずは午前中にメトロポリタン美術館へ。地下鉄を乗り間違えたりしてついたのは開館30分後の10時。入場料はないみたい。寄付はやっているはずですが、寄付の箱が見当たらずスルーで入場。日本語音声ガイドを6ドルでレンタル。非常にいろいろな部屋があり、日本語ガイド対応の展示物がなかなか見つからない。仕舞いには方向感覚を失い、迷子になる始末。足早に1時間半くらいで終了。次回はもっとじっくり見たいものです。

昼はめんちゃんこ亭でめんちゃんこを食べました。ちゃんこプラスラーメンのような感じ。

この後MOMAへ。ここは入場料が20ドル。ここでも音声ガイドを借りましたがこちらは無料。まずは6階の特別展。映像作家ダグラスゴードンの展示物がありましたが、まったく意味不明。象の映像(リンク先で見れます)やら、手首の映像やら何なのでしょうか。もう一つの特別展示は「ダダ運動」についてのもの。こちらもいたずら書きや紙を切り貼りしたようなよくわからない世界でした。4,5階の絵画彫刻は有名なものがたくさんありました。やや抽象的な絵画について音声ガイドによる解説を聞くと高度な芸術用語による解釈がされており、この解釈技術に感心しました。

この後、ロックフェラーセンターのトップ・オブ・ザ・ロック展望台へ。展望台からはセントラルパークやエンパイアステートビルが見えます。

さらにさらにNBCスタジオ見学ツアーへ。いくつかのスタジオを見学します。

このように目一杯観光が終わったのが午後6時ころ。ああ疲れた。
 
2006-07-01
  金曜日 コネチカットへ
金曜日は朝からリムジンに(はじめて)のり、二時間かけてコネチカット州へ移動し、インタビュー。マンハッタンに戻ってきてインタビュー。これにてインタビュー終了。

今回は金融機関、製造業、コンサル会社に3日間で計8回インタビューしました(というか横で聞いていた)が、特にコンサル会社の売り込みトークには圧倒されました。さすが生き馬の目を抜く世界の人は違うです。

夜はイタリアンGiambelli Fiftiethへ。ヨハネパウロ二世の写真が掲げられている落ち着いた店内でおいしく頂きました。やはりアメリカンステーキよりもイタリアンですな。
 
「あきらめない限り英語力は必ず伸びる」という信念の元、NHKラジオ「実践ビジネス英語」をベースに
あらゆる方法で英語学習を続ける日記です。
まずはメールマガジンに登録しましょう


本サイトについて
プロフィール
オススメサイト
キッズEnglish
メルマガ
著書


サイト内検索
Site Feed Atom / RSS


Ranking
?p?e?w?K ?????L???O ?Y?n?E?I?p?i?b?±???L

アーカイブ ファイル
2003/02 / 2003/03 / 2003/04 / 2003/05 / 2003/06 / 2003/07 / 2003/08 / 2003/09 / 2003/10 / 2003/11 / 2003/12 / 2004/01 / 2004/02 / 2004/11 / 2004/12 / 2005/01 / 2005/02 / 2005/03 / 2005/04 / 2005/05 / 2005/06 / 2005/07 / 2005/08 / 2005/09 / 2005/10 / 2005/11 / 2005/12 / 2006/01 / 2006/02 / 2006/03 / 2006/04 / 2006/05 / 2006/06 / 2006/07 / 2006/08 / 2006/09 / 2006/10 / 2006/11 / 2006/12 / 2007/01 / 2007/02 / 2007/03 / 2007/04 / 2007/05 / 2007/06 / 2007/07 / 2007/08 / 2007/09 / 2007/10 / 2007/11 / 2007/12 / 2008/01 / 2008/02 / 2008/03 / 2008/04 / 2008/05 / 2008/06 /
  • さらに過去ログ
  • 2001/01
  • 2001/07
  • 2001/09
  • 2001/11
  • 2002/01
  • 2002/05
  • 2003/01
  • 2004/02-05 北国
  • 2004/05
  • 2004/06
  • 2004/07
  • 2004/08
  • 2004/09
  • 2004/10
  • 2004/11


    Powered by Blogger

    登録
    投稿 [Atom]