NHKラジオ 実践ビジネス英語で英語をマスターしよう!
2007-01-03
  NHKラジオ ビジネス英会話 Writers' Workshop 10月号解説編後半, 2006
先ほど見つけたのですが、杉田先生からのビデオメッセージが
ありました。

こちら → http://www.nhk-sc.or.jp/gogaku/business/kousi.html


1月2日の深夜に教育テレビで、

  世界のコトバで遊ぶ ?深夜の語学新年会?

という番組を見ました。

語学好きにはたまらない番組でした。
NHKの語学番組の先生が集まって新年会をするというものでした。

放送の数時間前に知ったのでお知らせできませんでしたが、
再放送があった際には、いち早くお知らせしたいと思います。


また、昨日、無料パソコンテレビGyaoで皇帝ペンギンという映画を見ました。
両親で子どもを育てる様に感動です。

http://www.gyao.jp/sityou/catedetail/contents_id/cnt0023371/





前回に引き続き、Writers' Workshop 10月号の解説の後半です。


問題文:
「その作戦とは、パッケージの片隅に食品100gあたりの脂肪分、塩分、
糖分の数値と、信号機の赤、黄、緑の3色を組み合わせたグラフを表示
するアイデア。」

以下、メルマガ投稿者の作品です。

The strategy is an idea to put numbers of fat, salt
and sugar included per 100g in foods in a pie chart
of combination of red, yellow and green of traffic
light on a corner of pack. (本多)

The beauty of the scheme is a graph representing the combination of
figures showing contents of fat, salt and sugar in food weighing 100 grams
with red, yellow, green colors as in traffic signals. (YM)

This campaign is the idea that displays the amount of fatty
ingredients, salt contents and sugar contents per 100g food
and the graph combined traffic light color as red, yellow and
green in a corner of a package. (N)


テキストの解説には「長い複雑な文。多くの人が、The strategy is the idea..
としたが、英語が複雑になり、よく流れない。」とあります。

私とNさんは、このワナにはまったようです。
直訳はいけませんね。


次!


問題文:
「数値が高い食品ほど身体への危険信号、赤が目立つ仕掛けなのである。」

以下、メルマガ投稿者の作品です。

It is designed to make red, which means a danger signal for your
health, be more remarkable when the number to foods is big. (本多)

The higher the figure, the bigger the red color portion, signifying
the high risk factor contained in the food. (YM)

It is the works that the higher content food stands out danger
sign 'red’for health than the lower. (N)


テキストの解説には「「仕掛けなのである」は飛ばすのがポイント」とあります。
Nさんは飛ばさなかったのかな。

次!


問題文:
「「赤信号、みんなで渡れば…」にならなきゃいいけど。」

以下、メルマガ投稿者の作品です。

I hope there will not be optimism like “if everyone crosses
against the red light, there’s nothing to be afraid of”. (本多)

I only hope people will not ignore the red light when
crossing in crowds believing there is safety in numbers. (YM)

'If everyone crosses against the red light…'
I hope that it doesn’t true. (N)


テキストの解説には「原文を忠実に表現された読者と、意味を取って
原文と異なる表現をされた方の2つに分かれた」とあります。

3人とも原文に忠実に表現しました。


ではまた。

ラベル:

 
コメント: コメントを投稿



この投稿へのリンク:

リンクを作成



<< ホーム
http://mail.google.com/mail/?hl=ja
「あきらめない限り英語力は必ず伸びる」という信念の元、NHKラジオ「実践ビジネス英語」をベースに
あらゆる方法で英語学習を続ける日記です。
まずはメールマガジンに登録しましょう


本サイトについて
プロフィール
オススメサイト
キッズEnglish
メルマガ
著書


サイト内検索
Site Feed Atom / RSS


Ranking
?p?e?w?K ?????L???O ?Y?n?E?I?p?i?b?±???L

アーカイブ ファイル
2003/02 / 2003/03 / 2003/04 / 2003/05 / 2003/06 / 2003/07 / 2003/08 / 2003/09 / 2003/10 / 2003/11 / 2003/12 / 2004/01 / 2004/02 / 2004/11 / 2004/12 / 2005/01 / 2005/02 / 2005/03 / 2005/04 / 2005/05 / 2005/06 / 2005/07 / 2005/08 / 2005/09 / 2005/10 / 2005/11 / 2005/12 / 2006/01 / 2006/02 / 2006/03 / 2006/04 / 2006/05 / 2006/06 / 2006/07 / 2006/08 / 2006/09 / 2006/10 / 2006/11 / 2006/12 / 2007/01 / 2007/02 / 2007/03 / 2007/04 / 2007/05 / 2007/06 / 2007/07 / 2007/08 / 2007/09 / 2007/10 / 2007/11 / 2007/12 / 2008/01 / 2008/02 / 2008/03 / 2008/04 / 2008/05 / 2008/06 /
  • さらに過去ログ
  • 2001/01
  • 2001/07
  • 2001/09
  • 2001/11
  • 2002/01
  • 2002/05
  • 2003/01
  • 2004/02-05 北国
  • 2004/05
  • 2004/06
  • 2004/07
  • 2004/08
  • 2004/09
  • 2004/10
  • 2004/11


    Powered by Blogger

    登録
    投稿 [Atom]