NHKラジオ 実践ビジネス英語で英語をマスターしよう!
2007-04-08
  NHKラジオ ビジネス英会話 New Office Ambience (3) 4/6-7 2007
和磨さんより下記の質問を頂きました。

本多様

いつもお世話になっております。
P12の"far-fetched"の例文で、"double"の品詞を教えて下さい。

with +名詞+形容詞or分詞とすると、形容詞とも思えますが、
what以下を結びつけるには、動詞(2倍にする)とも思えます。
withの構文で、動詞の原型を置くこともあるのでしょうか?(和磨)

私は恐らく動詞だと思いますが、皆さんはどうお考えになりますか?。




「組織内一人親方のすすめ?プロ人材に自分で育つ方法」
という本を読みました。

この本では、計画された偶然性(Planned Happenstance)
という言葉が出てくるのですが、この言葉をご存知でしょうか。

これは、キャリア開発において用いられる言葉です。

最近では将来は予測不可能になってきたので、どんなことが
起ころうともそれに備えられるようにしておくことが重要である。
また、日頃から自分の興味範囲を広げて備えておくことなどで、
良い偶然を呼び込むことができるということであると理解しました。

若い方にはぜひご一読をオススメします。


組織内一人親方のすすめ?プロ人材に自分で育つ方法
組織内一人親方のすすめ?プロ人材に自分で育つ方法




著者の関島さんのコラムを下記で読むことができます。

特集 :一人親方度で決める自分と組織との距離)
http://www.mia.co.jp/features/feature_15.html


また、計画された偶然性(Planned Happenstance)については
下記のサイトでSFCの講義をビデオで見ることができます。
1時間ほどの講義ですが、ためになりました。

慶応義塾大学 総合政策学部 花田光世教授
組織コミュニケーション
http://gc.sfc.keio.ac.jp/class/2004_14278/slides/12/




高橋さんは新しいオフィスに引っ越すようですが、
私も先週末に引越しがあり、今週から新しいフロアで仕事をします。

新しい職場はいわゆる一般的な日本の会社の「島」の一角に机がある
という環境です。創造性を発揮できるとはとても思えないもので、
何とかして欲しいところです。

今回のビニエットによい職場環境の3つの条件が上げられています。
その中でもless noiseという要素は生産性に大きく影響を与えると
思います。仕事は静かな環境でしたいものです。




■意味を考えてみよう。答えは以下で

be in order
environs
idiosyncrasy
pay off
be obliged to
be in synch with
reign
quirk
motif





──────────────────────────────
be in order , 望ましい、整っている
──────────────────────────────
If you think something is in order, you think it should
happen or be provided.

ex) Reforms are clearly in order.

ビニエットでは、I think a series of tours is in order. 
とあり、和訳は「一とおり見学してもらうことが*望ましい*と思いますね。」
となっていますが、上のコウビルドの解説のように、
tours should be providedと解釈するとしっくりきますね。

──────────────────────────────
environs , 周辺環境、近郊
──────────────────────────────
The environs of a place consist of the area immediately
surrounding it.[FORMAL]

ex) the environs of Paris

──────────────────────────────
idiosyncrasy , 特異性、特異体質
──────────────────────────────
= eccentricity, peculiarity
If you talk about the idiosyncrasies of someone or something,
you are referring to their rather unusual habits or
characteristics.

ex) One of his idiosyncrasies was to wear thick orange gloves
of the kitchen-sink variety.

kitchen-sink varietyってなんでしょうね。kitchen-sinkには、極端
なリアリズムの、という形容詞の意味がありますが。

──────────────────────────────
pay off , 成果を生む、効果がある
──────────────────────────────
If an action pays off, it is successful or profitable
after a period of time.

ex) Sandra was determined to become a doctor and her
persistence paid off.

──────────────────────────────
be obliged to , …せざるをえない
──────────────────────────────
= compel
If you are obliged to do something, a situation, rule, or law
makes it necessary for you to do that thing.

ex) The storm got worse and worse, Finally, I was obliged
to abandon the car and continue on foot.

─────────────────────────────
その他にも、次も押さえておきたい。[誌面の都合上省略]
──────────────────────────────
be in synch with, …と合致[同調]している
reign, 支配
quirk, 奇癖 = peculiarity
motif, 主題 = keynote

ラベル:

 
コメント: コメントを投稿



この投稿へのリンク:

リンクを作成



<< ホーム
http://mail.google.com/mail/?hl=ja
「あきらめない限り英語力は必ず伸びる」という信念の元、NHKラジオ「実践ビジネス英語」をベースに
あらゆる方法で英語学習を続ける日記です。
まずはメールマガジンに登録しましょう


本サイトについて
プロフィール
オススメサイト
キッズEnglish
メルマガ
著書


サイト内検索
Site Feed Atom / RSS


Ranking
?p?e?w?K ?????L???O ?Y?n?E?I?p?i?b?±???L

アーカイブ ファイル
2003/02 / 2003/03 / 2003/04 / 2003/05 / 2003/06 / 2003/07 / 2003/08 / 2003/09 / 2003/10 / 2003/11 / 2003/12 / 2004/01 / 2004/02 / 2004/11 / 2004/12 / 2005/01 / 2005/02 / 2005/03 / 2005/04 / 2005/05 / 2005/06 / 2005/07 / 2005/08 / 2005/09 / 2005/10 / 2005/11 / 2005/12 / 2006/01 / 2006/02 / 2006/03 / 2006/04 / 2006/05 / 2006/06 / 2006/07 / 2006/08 / 2006/09 / 2006/10 / 2006/11 / 2006/12 / 2007/01 / 2007/02 / 2007/03 / 2007/04 / 2007/05 / 2007/06 / 2007/07 / 2007/08 / 2007/09 / 2007/10 / 2007/11 / 2007/12 / 2008/01 / 2008/02 / 2008/03 / 2008/04 / 2008/05 / 2008/06 /
  • さらに過去ログ
  • 2001/01
  • 2001/07
  • 2001/09
  • 2001/11
  • 2002/01
  • 2002/05
  • 2003/01
  • 2004/02-05 北国
  • 2004/05
  • 2004/06
  • 2004/07
  • 2004/08
  • 2004/09
  • 2004/10
  • 2004/11


    Powered by Blogger

    登録
    投稿 [Atom]