NHKラジオ 実践ビジネス英語で英語をマスターしよう!
2007-04-25
  NHKラジオ ビジネス英会話 Quiet CEO (4) 4/23-24 2007
AMラジオをデジタルファイルとして録音できる機器を紹介して
おりますが、今回が第3回です。

トークマスターの対抗馬になりそうな機種がサンヨーの
ICR-RB76Mです。

http://www.sanyo-audio.com/icr/rb75/index_rb76m.html

 FM/AMラジオチューナー搭載 
 毎日/毎週/1回の3パターンから、最大5件までのタイマー録音可能
 256MBの内蔵メモリ
 録音はMP3
 USB端子×1

予約録音の数が3つと少ないですが、ビジ英のみの録音ならOK。
毎日予約タイマーは必須機能ですね。

価格.comの掲示板にもトークマスターとICR-RB76Mを比較した
書きこみが見られます。

http://bbs.kakaku.com/bbs/20778010170/SortID=6149392/

価格.comでの最安値は14000円台です。
トークマスター2が27800円からですからお得ですね。


他にもAMラジオをデジタル録音できる機種には次のようなものが
ありますが、いずれもデイリータイマーがないのでお勧めできません。

http://www.sanyo-audio.com/maj/u4ct1/detail.html
http://www.rakuten.co.jp/e-kurashi/421853/353867/482813/
http://www.sharp.co.jp/products/av/digi_audio/prod02/qtmpa10b/



NHKのサイトで始まったビジ英のストリーミング放送をファイルに
保存する方法は次回ご紹介します。






■意味を考えてみよう。答えは以下で

have its place
be bound to
swallow one's pride
channel one's talents
be driven to
sharpen one's focus
shoulder workloads
That's as it should be.


──────────────────────────────
have its place, それなりの価値がある
──────────────────────────────
英辞朗より。

Fire fighting has its place as short-term fixes.
その場しのぎの策は一時的な処置としての役割を持っている。

Everything has its place.
《諺》すべては自分自身の場所を持つ。/一寸の虫にも五分の魂。

It sometimes has its place.
それもときには必要である。

──────────────────────────────
be bound to, …しなければならない
──────────────────────────────
If you say that something is bound to happen, you mean that
you are sure it will happen, because it is a natural
consequence of something that is already known or exists.

ex) If you are topless in a public place, this sort of
thing is bound to happen.

E-DICより。
「?する義務がある」、「きっと?する、確かに?するはずだ」、
「?する決心をしている」の3つの意味がある

──────────────────────────────
swallow one's pride, プライドを捨てる
──────────────────────────────
If you swallow your pride, you decide to do something even
though you think it will cause you to lose some respect.

ex) No doubt his old mother would now swallow her pride
and go and live with Gladys.

E-DICより。
pocket one's pride も同じ意味。

──────────────────────────────
channel one's talents, 能力を振り向ける
──────────────────────────────
If you channel your energies or emotions into something,
you concentrate on or do that one thing, rather than
a range of things.

ex) Stephen is channeling his energies into a novel
called Blue.

英辞朗より。

channel one's concentration into one thought at a time
精神を集中して一度に一つのことだけを考える

channel one's energies into research
研究に打ち込む

──────────────────────────────
be driven to, …せざるをえない
──────────────────────────────
To drive someone into a particular state or situation means
to force them into that state or situation.

ex) The recession and hospital bills drove them into bankruptcy.

英辞朗より。
I was driven to run fast. 速く走らざるを得なかった。

─────────────────────────────
その他にも、次も押さえておきたい。[誌面の都合上省略]
──────────────────────────────
sharpen one's focus, 集中する
shoulder workloads, 仕事を背負い込む
That's as it should be. ,それが本来の姿というものです

■和磨さんへの回答です

三木です。


> 和磨さんからまたまた質問メールがきました。

> 1)P40のrechargeで辞書には、chaにアクセントがありますが、
> ラジオではreにアクセントをつけて発音しているように聞こえます。
> 何か理由があるのでしょうか?


和磨さん、

これは、動詞でもあり、辞書の通り、charにアクセントがあると
思い勝ちですが、必ずしもそうではありません。
それは、喋っている人が、「再び」と言う気持ちを強く出そうと
思うと、reにアクセントが移動するわけです。
話は変わりますが、thirteenなども、普通、辞書には、teenに
アクセントがあると書いてありますが、教養のある、米国人でも、
thirにアクセントを置く人は沢山います。TOEICのテープなどでも、
同じ人が、同じLesson 13を、両方にアクセントを置いて読んでいます。
また、これも米国人の先生から昔、直接注意されたことですが、
例えばlongと言う単語も辞書の発音記号とは必ずしも一致せず、
気分をこめて話す場合には、It's a lo-ng story. のように、
「ローング」と長く発音するし、短いと言うのも short (ショート)
ではなく、shot(ショット)に近く、短く発音することもあると
言われたことを思い出します。


2)P40のon the sociability scaleで、scaleの意味が「規模」なら
> 前置詞はon、「段階」ならinと理解していました。どちらの前置詞
> でも構わないのでしょうか?


一般的には、おっしゃる通りですが、必ずしもそうではありません。
「規模」と言う意味でも、例えば、
The business is large in scale. (その事業は規模が大きい)
と、in を使う場合もあります。



> 3)P36のIntroverts can be just as・・・・ という文章は、文末に
> as extrovertsが省略されていると理解して宜しいでしょうか。


そのとおりです。

ラベル:

 
コメント: コメントを投稿



この投稿へのリンク:

リンクを作成



<< ホーム
http://mail.google.com/mail/?hl=ja
「あきらめない限り英語力は必ず伸びる」という信念の元、NHKラジオ「実践ビジネス英語」をベースに
あらゆる方法で英語学習を続ける日記です。
まずはメールマガジンに登録しましょう


本サイトについて
プロフィール
オススメサイト
キッズEnglish
メルマガ
著書


サイト内検索
Site Feed Atom / RSS


Ranking
?p?e?w?K ?????L???O ?Y?n?E?I?p?i?b?±???L

アーカイブ ファイル
2003/02 / 2003/03 / 2003/04 / 2003/05 / 2003/06 / 2003/07 / 2003/08 / 2003/09 / 2003/10 / 2003/11 / 2003/12 / 2004/01 / 2004/02 / 2004/11 / 2004/12 / 2005/01 / 2005/02 / 2005/03 / 2005/04 / 2005/05 / 2005/06 / 2005/07 / 2005/08 / 2005/09 / 2005/10 / 2005/11 / 2005/12 / 2006/01 / 2006/02 / 2006/03 / 2006/04 / 2006/05 / 2006/06 / 2006/07 / 2006/08 / 2006/09 / 2006/10 / 2006/11 / 2006/12 / 2007/01 / 2007/02 / 2007/03 / 2007/04 / 2007/05 / 2007/06 / 2007/07 / 2007/08 / 2007/09 / 2007/10 / 2007/11 / 2007/12 / 2008/01 / 2008/02 / 2008/03 / 2008/04 / 2008/05 / 2008/06 /
  • さらに過去ログ
  • 2001/01
  • 2001/07
  • 2001/09
  • 2001/11
  • 2002/01
  • 2002/05
  • 2003/01
  • 2004/02-05 北国
  • 2004/05
  • 2004/06
  • 2004/07
  • 2004/08
  • 2004/09
  • 2004/10
  • 2004/11


    Powered by Blogger

    登録
    投稿 [Atom]