NHKラジオ 実践ビジネス英語で英語をマスターしよう!
2007-05-06
  NHKラジオ ビジネス英会話 Stress Control (3) 5/4-5 2007
小話その一

映画バベルを見に行きました。唯一GWらしいイベントでした。
内容は、うーむ、、といった感じ。
落ちはないし、意味わかんないし。。。。
テーマは「愚かな人々」ということなんだと思います。
「ブラピよりも真の主役」という声も聞かれた家政婦のおばちゃん
が一番愚かでかわいそうだったです。


その二

英会話上級の立山利治先生は以前NHK教育テレビで英語ディベートの番組
で講師をされていましたが、今回の英会話上級はディベートの香りのする
番組だと思います。


その三

「目にあまる英語バカ」という本を読みました。

この本を書店で見かけたときは、まさに自分のことだとうれしく
なりました。

今、巷には色々な英語学習本や教材、スクールなどがありますが、
もうこの本でとどめをさされたと言ってよいです。

著者は英語に関する日本の様々な現象を切りまくります。

なぜ日本人はこうも英語が下手なのか。
 → それは日本人には必要がないから。

必要がないのになぜこうも多くの人が英語を勉強するのか?
 → 白人コンプレックス、西洋コンプレックスのため。

日本人は学校で10年勉強しても英語が上達しないのはなぜ?
 → 実際には勉強していないから。勉強時間が足りない。


巷にある様々な英語本や教材もメッタ斬りします。

特に面白かったのは、「英語は絶対勉強するな!」という本に対する
「こんなことするくらいなら、できなくていい」というコメント。
確かに、確かにあそこまでは普通の人はできません。

そんな著者がいう、絶対に英語が上達する方法とは、

「テレビかラジオ英会話をベースに毎日3時間を一年間続けること。
 または一時間を絶えることなく三年間。自学でゆるむことなく
 「継続」しなさい」
 
だそうです。結局ラジオ講座ですねーー。我々は間違っていなかった!

まさに、「伸ばしたい!英語力?あきらめない限り必ず伸びる」です。


目にあまる英語バカ
目にあまる英語バカ




■意味を考えてみよう。答えは以下で

tip over
course of action
fall prey to
drive someone up the wall
turn to
curtail
hanky-panky
with the best intentions
disruptive






──────────────────────────────
tip over, …をひっくり返す
──────────────────────────────
When you tip an object over or when it tips over, it falls
or turns onto its side or upside down.

NOTE: overturn means almost the same as tip over.

ex) She tipped the pan over and a dozen fish fell out.

──────────────────────────────
course of action, 行動方針、一連の措置
──────────────────────────────
A course of action is an action or a series of actions that
you can do in a particular situation.

E-DICより。

a course of action「方策,対策,手段,措置」

I am opposed to a course of action that may risk war.
私は戦争の危険をはらむ方策には反対だ

──────────────────────────────
fall prey to, …のえじきになる
──────────────────────────────
To fall prey to something bad means to be taken over or
affected by it.

ex) On the flight from Paris to Toulon, Mechiche fell prey to
panic.

──────────────────────────────
drive someone up the wall, (人)を極度の不安に陥れる、
              (人)を窮地に陥れる
──────────────────────────────
If you say that something or someone is driving you up the wall,
you mean that they are annoying and irritating you a lot.

ex)The heat is driving me up the wall.

E-DICより。

drive someone up the wall(いらいらで)気が狂いそうにさせる

「壁によじ登りたくなるような気持ちに駆りたてる」の感じで、
いらいらした状態をオーバーに表現している。

Turn down the volume of the radio, will you?
The noise is driving me up the wall.
ラジオの音を小さくしてくれないか。
それを聞いてると気が狂いそうになるんだ

──────────────────────────────
turn to, 助けを求める
──────────────────────────────
If you turn to someone, you ask them for something such as
help, advice, or information.

ex) Thank you Geoff. Now we turn to John Venables to see
what he thinks.

E-DICより。

someone to turn to (for advice) 相談相手

このturn toは「頼る」というほどの意味で、for adviceは省略して
言う場合も多い。

I was in need of someone to turn to.
私は相談相手を必要としていた

─────────────────────────────
その他にも、次も押さえておきたい。[誌面の都合上省略] ★は重要表現
──────────────────────────────
★curtail, 切り詰める、そぐ、押さえる
hanky-panky, 不道徳な行為
with the best intentions, 善意で
disruptive, 破壊的な、秩序を乱す

ラベル:

 
コメント: コメントを投稿



この投稿へのリンク:

リンクを作成



<< ホーム
http://mail.google.com/mail/?hl=ja
「あきらめない限り英語力は必ず伸びる」という信念の元、NHKラジオ「実践ビジネス英語」をベースに
あらゆる方法で英語学習を続ける日記です。
まずはメールマガジンに登録しましょう


本サイトについて
プロフィール
オススメサイト
キッズEnglish
メルマガ
著書


サイト内検索
Site Feed Atom / RSS


Ranking
?p?e?w?K ?????L???O ?Y?n?E?I?p?i?b?±???L

アーカイブ ファイル
2003/02 / 2003/03 / 2003/04 / 2003/05 / 2003/06 / 2003/07 / 2003/08 / 2003/09 / 2003/10 / 2003/11 / 2003/12 / 2004/01 / 2004/02 / 2004/11 / 2004/12 / 2005/01 / 2005/02 / 2005/03 / 2005/04 / 2005/05 / 2005/06 / 2005/07 / 2005/08 / 2005/09 / 2005/10 / 2005/11 / 2005/12 / 2006/01 / 2006/02 / 2006/03 / 2006/04 / 2006/05 / 2006/06 / 2006/07 / 2006/08 / 2006/09 / 2006/10 / 2006/11 / 2006/12 / 2007/01 / 2007/02 / 2007/03 / 2007/04 / 2007/05 / 2007/06 / 2007/07 / 2007/08 / 2007/09 / 2007/10 / 2007/11 / 2007/12 / 2008/01 / 2008/02 / 2008/03 / 2008/04 / 2008/05 / 2008/06 /
  • さらに過去ログ
  • 2001/01
  • 2001/07
  • 2001/09
  • 2001/11
  • 2002/01
  • 2002/05
  • 2003/01
  • 2004/02-05 北国
  • 2004/05
  • 2004/06
  • 2004/07
  • 2004/08
  • 2004/09
  • 2004/10
  • 2004/11


    Powered by Blogger

    登録
    投稿 [Atom]