NHKラジオ 実践ビジネス英語で英語をマスターしよう!
2007-07-06
  NHKラジオ ビジネス英会話 Etiquette of Resigning (2) 7/4-5 2007
日向先生のビジネス英会話時代のテキストが本になりました。

「即戦力がつくビジネス英会話」という本です。

52のパートからなっているので毎週一つずつで一年で完成です。

地に足の着いたビジネス英会話なら杉田先生のテキストより
こちらがよいでしょう。

これぞ、ビジネス会話の基本、という内容です。

即戦力がつくビジネス英会話?基本から応用まで
即戦力がつくビジネス英会話?基本から応用まで







質問です。

P16の二つ目の例文で、actingが「撤回する」という意味になるのは
なぜですか? actは「実行する」だと思うのですが。



■意味を考えてみよう。答えは以下で

heart-to-heart
in some other capacity
diehard
joint
sob story
second thought
benign
standing invitation
pad the bill
gratis




──────────────────────────────
heart-to-heart, 腹を割った話し合い
──────────────────────────────
A heart-to-heart is a conversation between two people,
especially close friends, in which they talk freely about
their feelings or personal problems.

ex) I've had a heart-to-heart with him.

──────────────────────────────
in some other capacity, 何か別の職務
──────────────────────────────
If you do something in a particular capacity, you do it as
part of a particular job or duty, or because you are
representing a particular organization or person. [WRITTEN]

ex) Since 1928, Major Thomas has served the club
in many capacities.

──────────────────────────────
diehard, 頑固な
──────────────────────────────
A diehard is someone who is very strongly opposed to change
and new ideas, or who is a very strong supporter of a person
or idea.

ex) The president hopes the diehards will resign over the
reform proposals.

diehard 映画のタイトルにありますが、しぶとい奴、という意味
だと思っていました。

──────────────────────────────
joint, たまり場、人が集まる場、職場、店
──────────────────────────────
You can refer to a cheap place where people go for some
form of entertainment as a joint. [INFORMAL]

ex) They had come to the world's most famous pick-up joint.

──────────────────────────────
sob story, 聞くも涙の物語、泣き言
──────────────────────────────
You describe what someone tells you about their own or
someone else's difficulties as a sob story when you think
that they have told you about it in order to get your
sympathy.

ex) Any sob story moved Javis to generosity.

─────────────────────────────
その他にも、次も押さえておきたい。[誌面の都合上省略] ★は重要表現
──────────────────────────────
second thought, 考え直すこと
★benign, 温和な、優しい
standing invitation, いつでも歓迎、常に有効な招待
pad the bill, 勘定を水増しする
gratis, 無料で =free

ラベル:

 
コメント: コメントを投稿



この投稿へのリンク:

リンクを作成



<< ホーム
http://mail.google.com/mail/?hl=ja
「あきらめない限り英語力は必ず伸びる」という信念の元、NHKラジオ「実践ビジネス英語」をベースに
あらゆる方法で英語学習を続ける日記です。
まずはメールマガジンに登録しましょう


本サイトについて
プロフィール
オススメサイト
キッズEnglish
メルマガ
著書


サイト内検索
Site Feed Atom / RSS


Ranking
?p?e?w?K ?????L???O ?Y?n?E?I?p?i?b?±???L

アーカイブ ファイル
2003/02 / 2003/03 / 2003/04 / 2003/05 / 2003/06 / 2003/07 / 2003/08 / 2003/09 / 2003/10 / 2003/11 / 2003/12 / 2004/01 / 2004/02 / 2004/11 / 2004/12 / 2005/01 / 2005/02 / 2005/03 / 2005/04 / 2005/05 / 2005/06 / 2005/07 / 2005/08 / 2005/09 / 2005/10 / 2005/11 / 2005/12 / 2006/01 / 2006/02 / 2006/03 / 2006/04 / 2006/05 / 2006/06 / 2006/07 / 2006/08 / 2006/09 / 2006/10 / 2006/11 / 2006/12 / 2007/01 / 2007/02 / 2007/03 / 2007/04 / 2007/05 / 2007/06 / 2007/07 / 2007/08 / 2007/09 / 2007/10 / 2007/11 / 2007/12 / 2008/01 / 2008/02 / 2008/03 / 2008/04 / 2008/05 / 2008/06 /
  • さらに過去ログ
  • 2001/01
  • 2001/07
  • 2001/09
  • 2001/11
  • 2002/01
  • 2002/05
  • 2003/01
  • 2004/02-05 北国
  • 2004/05
  • 2004/06
  • 2004/07
  • 2004/08
  • 2004/09
  • 2004/10
  • 2004/11


    Powered by Blogger

    登録
    投稿 [Atom]