NHKラジオ 実践ビジネス英語で英語をマスターしよう!
2008-03-19
  NHKラジオ ビジネス英会話 Global Conversation (1) 3/17-18 2008
今日、ニューヨークから来日した米国企業の共同研究者と
夜に会食しました。

というと聞こえはいいのですが、要は久しぶりのヨコメシ(古っ)。

あちらの方は奥さん同伴で海外出張されるのですよ。

今回も同伴されてまして、奥さんと一緒に懐石風コースを食べました。

あちらの方の「京都の懐石料理は素晴らしかった」という話になり、
今日の料理は何ですかと店の人に尋ねたら、

「一応懐石で通っています」という回答。

今日のは京都のauthenticな懐石料理とはかなり違っていたようでした。

で、懐石料理とは何かという話になった時に、
これまた店の人に尋ねたら、

「懐に石を入れて暖めて」とか説明され、

それは秀吉でしょ、

と思いましたが、さっき辞書で調べたら、

「温石で腹を暖めると同じ程度に腹中を暖め、
空腹をしのぐ粗末な食べ物の意」でした。

「茶の湯で茶を出す前に出す簡単な食事」でもあり、
徐々に豪華な料理に変化してきたもののようです。

仲居さん、正解でしたね。

私もよくこれで通訳案内士に合格したものです(汗)。
帰宅してからハローの300選を読み直しましたよ。

ニューヨークの人だけに、州知事が買春で辞職するんですって、
などという話題も出せず、今ひとつウイットに富んだ会話が
できませんでした。

代わりに、寝台急行銀河の廃止に盛り上がる鉄道オタクの話とか、
今アキバはメイドカフェが人気で、とか卑近な話題しか
出てきませんでした。

ということで話題の引き出しは多く持っておくに越したことはありません。

そうか! Giving While Livingの話でもすればよかったかも!?


今日でてきた単語(携帯電話の辞書で調べました)。

さわら Spanish mackerel
菜の花 rape 奥さんによるとブロッコリーの仲間ということです
はまぐり clam

桜豆腐という桜の花びらを混ぜた豆腐が出てきたときの説明で
出てこなかったのが「花びら」。

花びら petal

あと酒の八海山の意味もわかりませんでした。





■意味を考えてみよう。今日取り上げる単語が含まれています。

I was asked to {head up} internal and external
communications {initiatives} there.

You've lived in the States for four years and seen a
{sea change} in the field of communications.

What {takeaway value} have you gained over all these years?

I'd say new technologies are transforming our way of living
{on a par with} the industrial revolution or the invention
of the wheel or the alphabet.




──────────────────────────────
head up, …を主導する、…を率いる
──────────────────────────────
If you head up a group or team, you take change of it
and are responsible for it.

ex) I headed up the basketball team at high school.

──────────────────────────────
initiative, (先駆けとなる)行動計画、率先、主導権、自らの責任
ある決定
──────────────────────────────
An initiative is an important act or statement that is
intended to solve a problem.

ex) Government initiatives to help young people
have been inadequate.

可算名詞の場合は上の意味のようです。
ビニエットでもinitiativesと複数なので上の意味でしょう。

不可算名詞の場合は別の意味になるようです。

──────────────────────────────
sea change, 大変化、大転換
──────────────────────────────
A sea change in someone's attitudes or behaviour
is a complete change.

ex) A sea change has taken place in young people's
attitudes to their parents.

松下さんの解説にもあったようにsea changeはシェークスピアの造語で、
喜劇テンペストで使われました。

──────────────────────────────
takeaway value, 持ち帰るだけの価値(があるもの)
──────────────────────────────
A takeaway is hot cooked food that you buy from a shop
or restaurant and eat somewhere else. [BRIT]

ex) a Chinese takeaway

英辞朗より。

takeaway food 持ち帰り用の料理
takeaway pizza 持ち帰り用のピザ
takeaway sandwiches 持ち帰り用のサンドイッチ

──────────────────────────────
on a par with, …と同等で
──────────────────────────────
If you say that two people or things are on a par with
each other, you mean that they are equally good or bad,
or equally important.

ex) Parts and Glasgow are on a par with the worst areas
of London and Liverpool for burglaries.

burglary 不法侵入事件

──────────────────────────────
その他にも、次も押さえておきたい。[誌面の都合上省略] ★は重要表現
──────────────────────────────
なしです。
今回は難解語は少なかったですね。

ラベル:

 
コメント: コメントを投稿



この投稿へのリンク:

リンクを作成



<< ホーム
http://mail.google.com/mail/?hl=ja
「あきらめない限り英語力は必ず伸びる」という信念の元、NHKラジオ「実践ビジネス英語」をベースに
あらゆる方法で英語学習を続ける日記です。
まずはメールマガジンに登録しましょう


本サイトについて
プロフィール
オススメサイト
キッズEnglish
メルマガ
著書


サイト内検索
Site Feed Atom / RSS


Ranking
?p?e?w?K ?????L???O ?Y?n?E?I?p?i?b?±???L

アーカイブ ファイル
2003/02 / 2003/03 / 2003/04 / 2003/05 / 2003/06 / 2003/07 / 2003/08 / 2003/09 / 2003/10 / 2003/11 / 2003/12 / 2004/01 / 2004/02 / 2004/11 / 2004/12 / 2005/01 / 2005/02 / 2005/03 / 2005/04 / 2005/05 / 2005/06 / 2005/07 / 2005/08 / 2005/09 / 2005/10 / 2005/11 / 2005/12 / 2006/01 / 2006/02 / 2006/03 / 2006/04 / 2006/05 / 2006/06 / 2006/07 / 2006/08 / 2006/09 / 2006/10 / 2006/11 / 2006/12 / 2007/01 / 2007/02 / 2007/03 / 2007/04 / 2007/05 / 2007/06 / 2007/07 / 2007/08 / 2007/09 / 2007/10 / 2007/11 / 2007/12 / 2008/01 / 2008/02 / 2008/03 / 2008/04 / 2008/05 / 2008/06 /
  • さらに過去ログ
  • 2001/01
  • 2001/07
  • 2001/09
  • 2001/11
  • 2002/01
  • 2002/05
  • 2003/01
  • 2004/02-05 北国
  • 2004/05
  • 2004/06
  • 2004/07
  • 2004/08
  • 2004/09
  • 2004/10
  • 2004/11


    Powered by Blogger

    登録
    投稿 [Atom]